兵庫に続き京都でも 記録的短時間大雨情報が相次ぐ

兵庫に続き京都でも 記録的短時間大雨情報が相次ぐ

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/18

2017/09/17 22:44 ウェザーニュース

台風18号の影響で西日本の各地で非常に激しい雨に。近畿地方では、以下で「記録的短時間大雨情報」が発表されています。

・17日20時47分 兵庫県
たつの市付近で約110ミリ

・17日21時30分 京都府
京丹後市網野付近で約90ミリ

・17日22時 京都府
宮津市付近で約90ミリ
与謝野町付近で約90ミリ

・22時30分 京都府
京丹後市丹後付近で約90ミリ
伊根町付近で約90ミリ

現在の雨雲の様子

No image

この後も、引き続き道路冠水や河川の増水、土砂災害の発生に注意・警戒が必要です。

記録的短時間大雨情報とは?

気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。
その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

一般的に、この情報はテレビのテロップで周知されます。
この情報が発表された地点は、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。
地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。

>>大雨避難時の注意点
>>防災情報と避難行動

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東海地方で“電線から火花”通報相次ぐ
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
福島原発事故、原子炉に届いた冷却水は「ほぼゼロ」だったと判明
世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推進、福井健策弁護士が語る「3つの壁」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加