最新ランキングをチェックしよう

照ノ富士 復活に向けて幕下相手に胸を出す「やれることをやっている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/23

元大関の照ノ富士は満足な稽古ができていなかったが、復活に向けて幕下相手に胸を出した。
 「やれることをやっている。(結果が)付いてきてくれれば」と明るい男が悲壮感を漂わせた。左膝の負傷で大関から陥落。その後は糖尿病を患い、春場所は十両で6勝9敗と負け越した。一時は20キロ近く体重が落ちたが、現在はベスト体重まで5キロの177キロまで戻ってきた。「今後も体調を見ながら(土俵上での稽古を)やっていく」

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最後まで破天荒...輪島さん、葬儀で“黄金”の旅立ち 故郷石川に記念館設立へ
原氏「大事な、大切な先輩でした」 輪島さん葬儀に参列
原辰徳氏「大事な先輩。早かった」/輪島さん偲ぶ
北の富士氏「華があった横綱でした」輪島さん悼む
「ありがとう、相撲の天才」=輪島さんに最後の別れ-大相撲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加