星稜・奥川 U18合流へ 疲労を考慮し実戦登板しないままW杯も

星稜・奥川 U18合流へ 疲労を考慮し実戦登板しないままW杯も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/24
No image

報告会で花束を受け取る星稜の(手前から)奥川、山瀬主将、林監督(撮影・泉竜太郎)

高校ナンバーワンピッチャーが新たなステージへ踏み出す。選手権で準優勝した星稜・奥川恭伸投手(3年)らナインは23日、金沢市の同校で学校関係者、地元住民ら約700人の歓迎を受けた。

奥川は「やっと終わった。すっきりした気持ちだった」と話したが、すぐに次のスケジュールが待ち受ける。

24日にはともに代表選出された山瀬慎之助捕手(3年)と東京へ移動、U-18の代表合宿に合流し、25日から練習に参加する。

永田監督は「体を休めてからだと思いますけど、まずどういう状態なのか。幸い、整形外科医も今回は付いてくれて、理学療法士もいるので先生と相談しながら」と体のケアを優先させる。奥川は日本では実戦登板しないまま、W杯に挑むことが濃厚だが「(佐々木との)リレーができれば」と本番を心待ちにしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神の手で降格阻止 J2福岡セランテス ケン坊がスーパーセーブの謎に迫った
石川真佑 途中出場でもチーム2位の7得点 「立て直す気持ちで入った」
中田監督、大敗の中に光明見いだす 石川真佑の活躍に「よく相手を見てる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加