シンガポールの漫画家が描いた「日本あるある」が面白い!

シンガポールの漫画家が描いた「日本あるある」が面白い!

  • IRORIO
  • 更新日:2019/06/12

シンガポールの漫画家Eva(エヴァ)さんがSNSで発表している、日本の習慣をネタにした漫画が面白い。

彼女は奨学金を受けて米サンフランシスコと東京の大学に留学し、美術と経営学の学位を得た人物だ。

日本の文化と食べ物が好きで、日本には4年間滞在していた。その間に、自国シンガポールとの文化の違いを肌で感じ、ショックを受けたという。

日本と他国の生活習慣の違いをネタにした彼女の漫画は300点以上あり、『Eva, Kopi and Matcha』『Eva, Kopi and Matcha 2.0』というタイトルの2冊にまとめられている。

その中のいくつかが、InstagramFacebookで公開されている。

清潔なトイレ

View this post on Instagram

よく言われることだが、日本の公衆トイレは清潔。マレーシアに行くと「トイレどこも水浸しで、トイレットペーパーがあったためしがない」とEvaさんは言う。

電車の中の子供

No image

Aug 22, 2016 at 6:44am PDT
from Instagram

View this post on Instagram

シンガポールの子供と比べると、日本の子供はこう見えるらしい。

ハイキング

View this post on Instagram

シンガポールは今の時期、暑さで体が融けそうに感じるのだそう。

フルーツ売り場

No image

Jul 25, 2016 at 5:45am PDT
from Instagram

View this post on Instagram

他国と比べると、日本のフルーツの値段は桁違いに高いという。

ビジネス交流パーティー

View this post on Instagram

日本:

「どうも、私はXX会社の……」

「どうも、私はYY会社の……」

シンガポール:

「このチキン、美味しいわ!」

「うん、魚もわるくないよ! あ、ところで、僕はZZ会社の……」

シンガポールでは、みんなが皿いっぱいの食べ物を持って交流するとEvaさんは言う。

職場にて

View this post on Instagram

シンガポール:

「ケルヴィン君、うちのセールス部門に空いているポジションがあるんだけど、やってみるかい?」

「すみません、ボス。僕は今のままの方がいいので」

日本:

「ケルヴィンさん、あなたは来月からセールス部門に異動になります」

「えーっ!?」

自動販売機

No image

Feb 22, 2016 at 6:07am PST
from Instagram

View this post on Instagram

「日本にはいたるところに自販機がある。人のいない場所にもある。シンガポールでは、同様に、どこにでもゴミ箱がある」とEvaさんはコメントする。

車内安全

View this post on Instagram

日本 & シンガポール:

「終点ですよ!」

米国:

(ナイフ)

米国の電車やバスの中で居眠りすれば、「そこがあなたの(命の)終点になるかもしれない」とEvaさんは言う。

日本なら車内で居眠りしても、他の人が声をかけて起こしてくれる。この点は、彼女の国シンガポールも日本と同じらしい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山本太郎さんは消費税をなくして年金も減らすの?
『フォートナイト』v9.30コンテンツアップデート第一弾のパッチノート公開―伝統的なスタイルのリボルバーが登場!「14日間の夏」も開催
「もうすぐイクところだったのに」 泣きだした生後2ヶ月の赤ちゃんを両親が殺害
店員の首元にタトゥーが見えて... 友人が取った「まさかの行動」にゾッとした
自分は絶対間違っていないと思っている!?︎ 松本人志さんの滑稽さ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加