ソフトバンク今宮が平野、川相に次ぐ3度目50犠打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17

<西武3-2ソフトバンク>◇17日◇メットライフドーム

ソフトバンク今宮健太内野手(26)が3年ぶり3度目となるシーズン50犠打をマークした。

初回無死一塁から明石を二塁に進め、節目の記録に到達。

平野謙(中日、西武)、川相昌弘(巨人)に続く球界3人目の記録で「チャンスを広げることが僕の仕事。犠打のサインが出ないような選手になるのが目標だが、今はしっかりチームプレーに徹し、勝利につなげられる選手になりたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
中日ひと筋21年の森野が引退...落合監督時代の黄金期支えた主砲
ハム大谷V弾、DeNA大勝/23日プロ野球まとめ
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加