シンガポールのどこで会談?囁かれる“3会場”

シンガポールのどこで会談?囁かれる“3会場”

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/05/11
No image

動画を見る(元記事へ)

1カ月後にニュースの舞台となるシンガポール。シンガポールのどこで会談は行われるのでしょうか。3つの場所が早くも有力候補地としてささやかれています。

シンガポールの地元紙が予想する1カ所目は「シャングリラホテル」です。各国の防衛大臣らが集まる「アジア安全保障会議」が毎年開かれていて、実績が抜群です。2015年には中国と台湾による初の首脳会談が行われた場所でもあります。2カ所目は、シンガポールのランドマークとして知られている「マリーナベイ・サンズ」です。マリーナベイ・サンズはトランプ大統領の大口献金者と言われる人物がオーナーの超豪華ホテルです。まるで船が空に浮かんでいるようなデザインで知られ、地上200メートルの高さにある世界最大の屋上プールからは絶景が望めます。3カ所目は、シンガポールの市街地から車で約15分で行ける「セントーサ島」です。リゾート地として知られ、トランプ大統領の好きなゴルフ場もあります。地元紙によりますと、セキュリティー面も申し分なく、リラックスした空間での会談が実現可能だとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中国が進めるエコカー政策、実は大してエコじゃない―英紙
中国高速鉄道は「ネジ1つ」ですら日本に頼らざるを得ない=中国メディア
日本は「まるで別の星から来た国」、中国人にここまで言わせるのは何か=中国メディア
中国をいらつかせる小さくて生意気な隣国
【報ステ】北朝鮮行きに1人300万円

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加