Apple、本社上空を飛ぶドローンを追跡していた?今後は飛行できない可能性も

Apple、本社上空を飛ぶドローンを追跡していた?今後は飛行できない可能性も

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/04/17
No image

Appleは本社社屋Apple Parkの上空を定期的に飛ぶドローンをすべて追跡調査しており、飛行を防ぐ策を練っている可能性が指摘されています。

ドローンの飛行はすべて追跡されている?

Apple Parkの建設開始時から、ドローンを飛ばして進捗状況を撮影、報告してきたダンカン・シンフィールド氏が、今回の撮影では警備員がすぐ近くまで駆けつけたことから、「近い将来ドローンによる撮影は禁止されるかも知れない」と述べています。

シンフィールド氏によれば、Apple Parkの警備員は2台の白いトヨタ・プリウスで巡回していますが、氏がドローンを離陸させると、どこから飛ばそうともその正確な地点に10分以内に駆けつけるからです。

今回のビデオは少々長いものになっている。キャンパスがジオフェンスあるいはそれに似た技術を使って、ドローンを完全に締め出す日は近い。2台の白いプリウスに乗ったApple Parkの警備員が、ドローンを飛ばした場所まで10分以内に駆けつけるからだ。

これはあくまで想像だが、Appleはキャンパス周辺を飛行するすべてのドローンを、Dedrone(サンフランシスコを拠点とする航空宇宙セキュリティ企業)のような会社の最先端の無線技術を使って追跡していると思う。

メインビル内側の植樹はほぼ完了

すでに従業員の大半が移動し、重要な客人との会談も行われている現在、AppleがApple Parkの警備を強化するのも当然といえるでしょう。

シンフィールド氏は常にAppleの警備員の指示に従い、侵入を禁止されればすぐにその場から退出しているとしています。

動画を見ると、ドーナツ型メインビルの内側の植樹はほぼ終了しているようです。一方同ビルの外側ではまだ作業が続いており、工事車両の存在が確認できます。

No image
No image
No image

最後になる可能性もあるApple Park上空からの動画は、以下でご覧ください。

Source:Duncan Sinfield/YouTubevia9to5Mac

(lunatic)

投稿Apple、本社上空を飛ぶドローンを追跡していた?今後は飛行できない可能性もiPhone Maniaに最初に表示されました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone SE2、発表間近か。Apple製品に割り当てられる「製品番号」に未確認のものが見つかる
iPhone SE2(仮称)が6月のWWDCで登場?EECデータベースから可能性が急浮上
人気の予感。6.1インチの新型iPhoneは6万円ほど、デュアルSIMモデルも登場?
iPhone 8/8 Plusの「赤」、間も無く予約開始!今年はフロントも黒くなってクールな印象に
これがSpotifyの新たな無料版スクリーン? 表示されてる「オンデマンド」ってなに?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加