『ジオストーム』日本語版主題歌に、B’zの新曲『Dinosaur』が決定

『ジオストーム』日本語版主題歌に、B’zの新曲『Dinosaur』が決定

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2017/11/16
No image

洋画の主題歌を担当するのは、今回が初めてであるB’z。本作の日本語版主題歌『Dinosaur』は、B’zがデビュー30周年を記念して発売する最新アルバムのタイトル曲だ。

B’zへのオファー理由について、ワーナー・ブラザース映画は、「『ジオストーム』は大迫力の映像と熱い人間ドラマ、そして爽快な大団円を詰め込んだ、ド直球エンターテインメント超大作です。どんなアーティストとコラボさせていただくのがよいかと考えた時に真っ先に案にあがったのが、大迫力のギターサウンドと熱い歌詞でファンを魅了するB’zさんでした。デビューから30周年という記念の年にコラボさせていただくことができ、非常に光栄です」とコメント。

また、実際に『Dinosaur』を聴いたデブリン監督は、B’zとのコラボを楽しみにしていることを明かし、野性的なギターと歌声が『ジオストーム』ピッタリだと絶賛している。

デブリン監督からのコメントは、以下の通り。

■ディーン・デブリン監督 コメント
日本で若いエネルギッシュなファンを魅了するトップアーティストB’zとのコラボレーションをとても楽しみ にしています。とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!

『ジオストーム』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
椎名林檎、セルフカバーアルバム発売記念の緊急特番をAbema TVにて配信
EXILE ATSUSHI、京セラドーム単独公演2DAYS決定
海外輸出を視野に入れた新たな展開を行う『Tokyo Dance Music Event』
『SWEET 19 BLUES』は8位! 安室奈美恵の好きな曲ランキング1位はやっぱりあの曲だった
椎名林檎、AbemaTVの生放送に出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加