『陸王』理想のソール素材がついに完成!一方、スポンサー契約を切られた茂木は...

『陸王』理想のソール素材がついに完成!一方、スポンサー契約を切られた茂木は...

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/11/12
No image

『陸王』理想のソール素材がついに完成!一方、スポンサー契約を切られた茂木は…

役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第4話が、11月12日に放送。今回は、ついにソール素材「シルクレイ」を完成させた「こはぜ屋」社長・宮沢(役所)が、次の動きに出る。

『陸王』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト

池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所が、創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じているほか、その息子・大地役に山﨑賢人、実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員・茂木裕人役に竹内涼真、「シルクレイ」の特許を持つ飯山役に寺尾聰といった豪華出演者が出演している。

前回までに、紆余曲折がありながらも、大地と飯山はついにソールの素材として最適な硬さの「シルクレイ」を作ることに成功した。

「陸王」完成への道はまだまだだが、今回は大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢が2人に加え、ほかの社員たちを居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらう。そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねる。

一方、怪我で復帰の目処が立っていない茂木は、スポンサーである大企業・アトランティスから契約打ち切りを告げられていた。茂木は会社の労務課から呼び出され、担当者との面談に臨むと「陸上を引退して社業に専念してはどうか」と提案される。「年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていける」とアドバイスされる茂木。その言葉を聞いた茂木は……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヒロミの自宅リフォーム企画、ブログでも称賛の声多数!
オードリー、二人が初めての合コンでご飯を食べられなかった理由にスタジオから悲鳴
“闇展開”来る!? 奥様「西島秀俊の嘘」に衝撃
「賭ケグルイ」実写ドラマ化!ギャンブル狂の少女描く
保阪尚希 今や通販王 儲ける秘訣とこだわり過ぎる生活明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加