敵地でリバプールとドローのマンU、モウリーニョ「試合をコントロールできた」

敵地でリバプールとドローのマンU、モウリーニョ「試合をコントロールできた」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/10/18
No image

[10.17 プレミアリーグ第8節 リバプール0-0マンチェスター・U]

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、17日にアンフィールドで行われたプレミアリーグ第8節リバプール戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

敵地に乗り込んだユナイテッドは、リバプールに攻め込まれる時間帯が多い中、切り替えが早く、安定した守備に加え、GKダビド・デ・ヘアの好セーブもあり、勝ち点1を獲得している。なお、試合後のスタッツでは『ESPN』によると、ユナイテッドのボール支配率は35%、シュート数は7本(うち枠内1本)だった。

この結果にモウリーニョ監督は満足のようだ。「両チームにとって難しい試合だった。我々よりも相手の方が難しかったと思う。我々は長時間を通じて試合をコントロールし続けることができた。後半にはデ・ヘアが素晴らしいセーブを2度決めてくれた。その部分は別物として考えなければいけないが、試合は完全にコントロール下にあった」と振り返った。

「試合を通じ、常にボールを保持した状態でコントロールしようとは考えていなかった。我々がボールを持った時点で彼らが激しくプレスをかけてくることはわかっていた。それに、ボールを失ったときも相手は即座にプレスをかけてくる。相手がゴールを奪うのは難しいと思っていた。我々は試合を通じ、点を決めて試合に勝つことだけを考えた。全力は尽くした」

●プレミアリーグ2016-17特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ペップ 元教え子セスクを無視
本田が作り出した“混乱”。勝利のミラン、強さの秘密はセットプレーにあり
ラウドルップの英クラブ解任は”汚職疑惑”によるものだったと暴露
バルサ指揮官、A・トゥランに苦言「ファウルしないようにと言っていた」
FKで逆転弾の起点となった本田、伊メディアは及第点「左サイドで役に立った」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加