スロウカラーは普通のカラーと何が違う?

スロウカラーは普通のカラーと何が違う?

  • 頭美人
  • 更新日:2017/10/11
No image

スロウカラーは普通のカラーと何が違う?

スロウカラーとは?

美容室に行くと、最近「スロウカラー」という言葉をよく耳にすることがあります。

THROW(スロウ)という名前のカラー剤を使ってカラーリングすることで、普通のカラーでは表現しにくかった、アッシュ系(灰色)の色合いを得意とするカラーリングのことです。

このスロウカラーの特徴は、赤味を抑えたオリジナルの寒色系のカラーを使い、髪の色合いを自然で雰囲気のあるカラーへと変化させていきます。

普通のカラーとの違い

普通のカラーとの大きな違いは、カラー剤に含まれている油分と水分の割合です。

スロウカラーは普通のカラーよりも水分の割合を高め、油分を減らしてます。

こうすることで、髪の色を変化させる染料が水分と共に内部まで浸透します。

スロウカラー独自の配合が髪を透明感のある色合いに変化させてくれます。

日本人の髪にはもともと赤味の入った色素があるため、カラーリングすると赤味が増してオレンジがかった色合いになります。

しかし、このスロウカラーは青紫のようなブルーベース(寒色系)の色を使っているために、髪に透明感を加えていきます。

スロウカラーは普通のカラーよりも赤味が抑えられているので、色の濁りやくすみが減少します。

スロウカラーは髪に淡い色合いを何層も重ねてゆきます。

そうすることで濁りのない、クリアな色合いが髪に深みを与えてくれます。

雰囲気のあるクールで透け感がある色合いになるため、スロウカラーの人気が高まりました。

普通のカラーとどう使い分ける?

普通のカラーには赤味が含まれています。

これが日本人の髪の色素と重なると色に濁りが出て、アッシュカラーが出しにくいとされていました。

外国人のような雰囲気のあるアッシュカラーを試したい方には、スロウカラーが適しています。

また、スロウカラーはオーガニックオイルとボタニカルエッセンスが配合されています。

普通のカラーに比べ、髪や頭皮に優しい成分が多く含まれています。
髪に潤いを与え、髪を整えるメリットがあります。

カラーによって頭皮の刺激が気になるという方も多いでしょう。

スロウカラーはカラー剤の気になる匂いを抑え、植物由来成分が心地良い香りを漂わせます。

スロウカラーにはこのような特徴があるため、なりたい色合いや髪質に合わせて普通のカラーと使い分けると良いでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京やソウルなど7都市の女性たちの「メイク」に関する意識調査が興味深い / メイクに力を入れるタイミングが国によって全然違う!
老け顔の大敵!「目の下のクマ」や「乾燥」を和らげる食材って?
オンブレリップって何? リップの最先端トレンドをプロが教えます!
4割の女性が当てはまった「冬にNGな肌ケア習慣」って?
エチュードハウスのホリデーコレクションはカワイイ系宇宙モチーフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加