あっという間にボトル100本完飲!『東カレバチェラーNIGHT』で大人気だったフランチャコルタの魅力に迫る

あっという間にボトル100本完飲!『東カレバチェラーNIGHT』で大人気だったフランチャコルタの魅力に迫る

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2017/08/18

暑すぎる夏だからこそ、おしゃれなスパークリングワインを飲んで盛り上がりたい!
そんな遊び上手な大人にこそ味わって欲しいのが、話題の泡酒「コンタディ・カスタルディ フランチャコルタ ロゼ」である。

実はこのコンタディ・カスタルディは、先日開催された『東カレバチェラーNIGHT』にて、ボトル100本すべて飲み干されたスパークリングワインである。
今回は、噂のお酒を東カレ読者5名様にプレゼント!応募フォームは、記事の最後でご紹介します。

No image

噂のお酒がコレ!魅惑のロゼが、貴方の夜を艶やかに彩る

今年5月、青山に誕生した話題のTRUNK HOTELで開催された「東カレバチェラーNIGHT」。
素敵な出会いを求める男女たちが放つ、圧倒的な熱量をグッと後押ししたのが、コンタディ・カスタルディ フランチャコルタ ロゼだ。

コンタディ カスタルディのロゼは、ほんのり淡いピンク色。魅惑のロゼを片手に乾杯する姿が、会場のあちらこちらで見かけられた。甘すぎずスッキリした味わいで、会話もグラスもどんどん進んだもよう。

No image

次から次へとグラスに注がれ、あっという間に完飲!

過去に開催さいたイベントでも、東カレ読者の飲みっぷりはお見事!
今回振舞われたコンタディ・カスタルディ フランチャコルタ ロゼも、あっという間に飲まれていき、記録的(?!)なスピードで準備していた100本が全てなくなるほど大人気であった。

あまり知られていないが、フランチャコルタの輸出量は、対日本が世界1位!イタリア料理が大好きな日本人にとって、相性のいいお酒と言い訳だ。

No image

シックなブラックスタイルの紳士淑女が持つグラスに、美しい泡とほのかなピンクが輝く。

No image

バラの香りのアロマとともに南国フルーツのニュアンスも感じられる。それはまるで媚薬のように、大人たちの夜を彩ってくれる。

最強の造り手がチャレンジする、上質なカジュアルを追求しているコンタディ・カスタルディはここで生まれる

No image

自社畑で造られるブドウの他、フランチャコルタの19の村に点在する110haの契約農家から、高品質のブドウを購入しブレンドする。

コンタディ・カスタルディは、1987年に創業されたワイナリー。フランチャコルタ最強の造り手と称されるベラヴィスタとオーナーが一緒でありながら、全く異なるコンセプトで造られる、スタイリッシュでモダンなフランチャコルタだ。

精緻で洗練されたブレンドと、フランチャコルタの通常規定である18か月よりも長い、26か月以上の瓶内熟成を経て、躍動感がありながらも上品で深みのある味わいを生み出している。

No image

醸造責任者は、ベラヴィスタで豊富な経験を積み、高い技術力を持つジャン・ルーカ・ウッチェッリ氏が2005年から担当し、更なる飛躍を遂げた。

現在は、イタリア国内外の三ツ星レストランや五つ星ホテルでサーブされ、世界のセレブ達に愛されるブランドとして躍進を続けている。

おさえるべきはコレ! おススメのコンタディ・カスタルディをご紹介

No image

「フランチャコルタ・ブリュット」

価格:価格:3,500円(750ml)、7,000円(1500ml)

タイプ:白/発泡/辛口
ブドウ品種:シャルドネ80%、ピノ・ネロ10%、ピノ・ビアンコ10%
原産地呼称:D.O.C.G
熟成: 瓶内26か月

菩提樹の花、柑橘系や白桃、グリーンペッパーのニュアンスのフレッシュで華やかな香り。なめらかで親しみやすく、体になじむ味わいは、バランスが良く奥行きがある。繊細でありながら、しっかりとした味わいから深い余韻が続く。

No image

※9月以降は、写真の新ラベルにリニューアルされて登場予定

「フランチャコルタ・ロゼ」

価格:4,800円(750ml)

タイプ:ロゼ/発泡/辛口
ブドウ品種:シャルドネ65%、ピノ・ネロ35%
原産地呼称:D.O.C.G
熟成: 瓶内30か月

輝きのある美しいサンゴピンクの色。ベリーやフレッシュなバラの花びらの香りの中に、ほのかにリンゴやトロピカルフルーツの香りを感じる。味わいはしっかりしていて、透明感があり生き生きとしている。旨みのあるリズミカルな味わいで、余韻は長く、非常にバランスが良い。

コンタディ・カスタルディを味わえる都内のレストランはこちら!

No image

仔牛のロースト(500g¥6,800 ~)。ふたりで500gも意外と軽くいける。

『アンビグラム』

肉ラバーがこぞって訪れる広尾のイタリア料理店『アンビグラム』。名物のジューシーな塊肉系料理と共に、コンタディ・カスタルディで乾杯してみよう。

No image

メイン料理の一皿。マト貝、ムール貝、あさりなどをふんだんに使った貝類のレモン蒸し

『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』

ゲストが選ぶ魚介類を絶品料理に仕立ててくれる代々木の名店『ボガマリ・クチーナ・マリナーラ』。
シーフードの旨みとコンタディ・カスタルディは相性バッチリ!

他には、神楽坂『ラスト・リカート』/白金台『ロッツォシチリア』/代々木上原『中戸川』/麻布十番『ラ・パスタイオーネ』etc... でもお楽しみいただける。

No image

もちろんホームパーティーでは主役級の活躍間違いなし!

自宅でのんびり気の置けない仲間たちと語らうシーンにも最適!
主役級の存在感を放ちつつ、このコスパの良さは正直驚きを隠せない。

あなたも、これを機にフランチャコルタが奏でる上質なひと時を、じっくり味わってみてはいかが?

※プレゼントフォームはこちら↓↓

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夏だって焼きいもが食べたい!らぽっぽに「冷やしやきいも」--フルーツより甘い?“糖度30度”
吉野家、富士そば、王将「激ウマ裏メニュー」
【公式レシピ】ビールに「カルピス」を入れると美味しいらしいのでやってみた結果 → 苦みが消えてまろやかになったでござる
黒歴史カップ麺の復刻版が「半額セール」 「やっぱり駄目だった」?日清に聞くと...
観光客が殺到。「美味しい!」で過疎地を元気にした奇跡のシェフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加