「我々は選挙を控えている」元“裏番長”二階俊博幹事長コメントの見事な「そのまま感」

「我々は選挙を控えている」元“裏番長”二階俊博幹事長コメントの見事な「そのまま感」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2019/08/14

「我々は選挙を控えている」

【写真】「黙って聞けぇ」とすごんだ二階俊博幹事長

「選挙を一生懸命頑張ったところに予算を付ける」

あ、すいません、どちらも自民党の二階俊博幹事長の言葉でした。

前者は老後2千万円問題で金融庁に撤回を求めた際の発言。後者は参院選直前の業界団体の会合でのもの。

No image

二階俊博氏 ©文藝春秋

決して私は二階幹事長をお題にしたわけではなく、政治家と選挙についてよくわかる言葉を選んだらこの二つだったのである。

二階氏の発言は「そのまま」感の繰り返し

どちらも共通するのは「そのまま」感だ。ホントに言っちゃうんだという底が抜けた感がある。

しかし二階氏の発言はこの繰り返しなのである。

たとえば幹事長就任以降のこの発言。北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、

「大きな防空壕を造ることができるかできないか、対応していかなければならない」(2017年7月)。

防空壕は絶好の「公共事業=国土強靱化」だった?

この発言には「え、防空壕? 何言ってんだ?」という多くの批判を浴びた。呆れられた。だが二階氏は「公共事業を重視する国土強靱化を主張し、財政出動に積極的」(2016年8月1日・日本経済新聞)という人だ。

つまり「防空壕をつくろう」というのは比喩でも冗談でもなく「そのまま」なフシがあった。土建業界の熱い支持も得て成り上がってきたおじさんにとって防空壕は絶好の「公共事業=国土強靱化」だったのだろう。見事なそのまま感ではないか。

「オモテに出てはいけないおじさん」から「二階のトシちゃん」へ

私は二階氏が自民党の幹事長に就任後、「オモテに出てはいけないおじさん」が出てきてしまったと2年前に書いた。同時にこれは注目しといたほうがいいと周囲に言い続けてきた。それまでは陰の実力者っぽかったけど、幹事長に就任したからにはそのヤバさが可視化されて見逃せないと思ったからだ。

私のなかでは注目度がアイドル以上という意味で「二階のトシちゃん」と呼ぶことにした。

オモテに出ちゃったトシちゃんのヤバさはさっそく可視化された。

衆院本会議での代表質問で野党席からヤジを浴びると「黙って聞けぇ」と公然とドスをきかしたトシちゃん。

都議選の投票日の前に「落とすなら落としてみろ」と威嚇したトシちゃん。

政治家の失言を報じるマスコミに対し「人の頭をたたいて血を出したって話じゃないのだから」とパンチの効いた例えをかましたトシちゃん。

どれも予想以上にヤバかった。

先日の参院選の選挙特番ではこんなシーンもあった。

「ほーってなんですか」と不機嫌に

池上彰氏に「選挙を一生懸命頑張ったところに予算を付ける」発言についてさっそく問われると、

「一生懸命頑張っていただいた人たちに対してはそれなりの対応をしていくのは当たり前のことじゃないですか」と答えた。

それを聞いた池上氏が驚いたという表情で「ほー」と言うと、「ほーってなんですか」と不機嫌になった二階のトシちゃん。

「予算をエサにして選挙を有利に誘導しようってことじゃないですか」と池上氏が言うと、「そんなゲスなこと言ってるわけじゃない」とまた不機嫌になったトシちゃん。

そして池上氏との時間を会話や論議ではなく、ただただ時間が過ぎるのを待つという劇的な戦法を見せたのだ。

あのシーンは選挙特番の面白さでもあったが、こうも言えまいか。

時間が過ぎるのを待つという二階幹事長の姿勢は、今の政治を「そのまま」体現していたのではないか?

見事に「そのまま」あぶり出してくれたトシちゃん。

「幹事長の連続在職日数」では歴代最長の「1096日」

さらに驚くのは、そんな二階幹事長は今月3日に「幹事長の連続在職日数」で歴代最長の「1096日」に達したのである。

つまり、ダメ幹事長なんかでは決してなく、むしろ政権側にとっては歴代最良の幹事長なのかもしれない。この事実に驚いてしまう。

思い起こせば3年前、当時の谷垣幹事長の自転車事故が起きた。政局でもなんでもないイレギュラーな幹事長人事がおこなわれた結果、「裏番長」が表舞台に出てこざるを得なかった。急を要するからである。

二階幹事長の登場で自民党の「そのまま」の体質が世の中に見えやすくなった。しかし一方で、それがどうしたとばかりに党や政権の“面の皮”はますます厚くなったとも言えないか。

二階氏を見てると「そのまま」思えて仕方ないのである。

(プチ鹿島)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GSOMIA破棄「全く受け入れられない」 世耕経産大臣
G7サミット、開幕へ=足並み乱れも-安倍首相がフランス入り
横浜にカジノが必要ない理由
【報ステ】安倍総理の在職日数 戦後最長に
GSOMIA破棄 自民・石破氏「日本が戦争責任と向き合わなかったことが問題の根底」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加