JAL、ボーイング777-200型機2機に「持続可能な開発目標」のロゴ描く

JAL、ボーイング777-200型機2機に「持続可能な開発目標」のロゴ描く

  • Traicy
  • 更新日:2017/12/05
No image

日本航空(JAL)は、「CONTRAIL」の特別塗装を施したボーイング777-200型機に、新たに国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」のロゴマークを描いて運航を開始する。

特別塗装を行うのはボーイング777-200型機2機(JA705J、JA707J)で、シンガポール、バンコク、香港、ホノルル線を中心に12月18日より運航を開始する。初便は東京/羽田発上海/浦東行きのJL85便となる。

国立研究開発法人国立環境研究所、気象庁気象研究所、ジャムコ、JAL財団、JALが参画する、航空機が大気観測を行う「CONTRAIL」プロジェクトが、2017年度環境省の地球温暖化防止活動環境大臣表彰で「国際貢献部門」を受賞している。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クリスマスデートで行きたい♡日本全国の人気イルミネーション2017~2018
ソフトバンクを蝕む危機...有利子負債が15兆円に、削減計画が破綻
現金をレジで引き出せるサービス導入へ イオン
人間よりネコにぜいたくを?高級化する日本のキャットフード市場―中国メディア
「東方神起」、チェジュ航空飛行機胴体に! CA服装などの写真をラッピングした航空機を主要国際線に投入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加