鬼才D・フィンチャーのクライム・スリラー「マインドハンター」キービジュアル公開

鬼才D・フィンチャーのクライム・スリラー「マインドハンター」キービジュアル公開

  • 映画.com
  • 更新日:2017/10/13
No image

「マインドハンター」キービジュアル

鬼才デビッド・フィンチャーが手掛けるNetflixオリジナルドラマ「マインドハンター」のキービジュアルがお披露目された。頭のなかを見透かされているようなデザインに、「狂気の中に、法則はあるのか?」というコピーが添えられており、犯罪プロファイリングをテーマにした今作を表す仕上がりとなっている。

元祖FBIプロファイラーのジョン・ダグラスとマーク・オルシェイカーが著した1996年のノンフィクション「Mind Hunter: Inside the FBI’s Elite Serial Crime Unit」を、フィンチャー監督がドラマ化。凶悪連続殺人鬼や強姦犯を追い、犯罪心理を深く知ることで真実を見いだそうとする2人のFBI行動科学班の捜査官ビルとホールデンの姿を描いたクライム・スリラーだ。

ビル役を「L.A. ギャング ストーリー」などのホルト・マッキャラニー、ホールデン役をドラマ「glee」で知られるジョナサン・グロフが演じている。フィンチャー監督は、2人について「読み合わせをしてもらった際、とても相性が良いのは一目瞭然だったよ。容姿も声も口調も異なるのにね。本当は2人とも非常に礼儀正しい性格なのに、お互いの神経を逆なでするような演技が見事に成立しているのは、2人が素晴らしい役者であることの証しだね」と絶賛している。

さらに、今作を手掛けた理由を「我々が到底理解できないものと戦うためには、“歪み”も実は人間の一部なのだと理解することで対抗するしかない……そんな犯罪プロファイリングの概念に魅力を感じたんだ」と語り、新シリーズへの意欲をのぞかせている。

Netflixオリジナルドラマ「マインドハンター」は、10月13日から全世界同時配信。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「温泉レポートにしか見えない......」元AKB48・篠田麻里子『水戸黄門』の入浴シーンが“ガッカリ”すぎ!?
KAT-TUN・上田竜也、『おはスタ』で“笑わないコワモテ”を貫くもキュートさ滲み出る
磯山さやか、勝負後に下着を回収するタイミングを告白
山里がクロちゃんのポテンシャル引き出す「JUNK」ザキヤマ歌謡祭も
三浦大知 不遇の時期を乗り越えブレイク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加