新潟で鳥インフル、ニワトリの処分作業に遅れ

新潟で鳥インフル、ニワトリの処分作業に遅れ

  • TBS News i
  • 更新日:2016/11/30
No image

新潟県関川村の養鶏場で29日、H5型の鳥インフルエンザが確認され、ニワトリ31万羽の処分が24時間態勢で続いていますが、29日午後6時の時点で処分されたのは全体の1割に届かず、作業の遅れが懸念されています。

新潟県は当初、12月2日までの4日間で処分を終えたいとしていました。

資材調達の遅れや「慣れない作業」を理由に挙げていますが、県は進捗状況をみて作業人員を増やすことも検討しています。(30日11:47)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「室内から異臭が...」アパートに男女の遺体 親子か
わずかな衝撃でも...白い粉末は爆発物と鑑定
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加