村田、“因縁”エンダム戦必勝へ過酷走り込み!/BOX

村田、“因縁”エンダム戦必勝へ過酷走り込み!/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

WBA世界ミドル級1位の村田諒太(31)=帝拳=が11日、千葉・成田市で行っている走り込みキャンプを公開した。同級王者のアッサン・エンダム(33)=フランス=との“因縁”の再戦(10月22日、両国国技館)に向け、過酷なメニューが用意された。

7日のキャンプインの際、中村正彦トレーナー(42)から「前回(5月)勝てなかったから、今回のメニューは30%くらい厳しいよ」と宣告された。村田は「『はい』としか言えなかった」と苦笑した。

早朝、起伏に富んだゴルフ場を10キロ走り、午後は1キロ3分20秒のペースで5本走った後、66メートルを15本などのインターバル走、シャドーボクシング。「気持ちが折れそうになったとき、『次の試合は勝つんだ』と思うと走れる。最高のモチベーションになっている」と充実感にあふれていた。 (伊藤隆)

No image

入念にストレッチする村田。10月の“負けられない戦い”に向け、3割増しの過酷トレーニングをこなす(撮影・伊藤隆)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハチミツ二郎が挑戦状 10・7大仁田と電流爆破デスマッチ “爆死”上等!
さらばヨネクラジム!「日本の名門」が閉鎖を決めるまで
長谷川穂積氏、山中世界戦のタオル投入を肯定「遅いよりも絶対、早い方がいい」
トミーズ雅、山中世界戦のタオル投入に理解「全部分かって止めてる」
ハチミツ二郎「ぶん殴りたい」大仁田と有刺鉄線マッチ決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加