ヤクルト、ロマン入閣検討 中南米スカウト打診へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

ヤクルトがオーランド・ロマン投手(37=台湾・ラミゴ)の入閣を検討していることが17日、分かった。同投手は昨季、中継ぎだけでなく、先発もこなす万能型の右腕として、14年ぶりリーグ優勝に貢献した。年齢がネックとなり昨季限りで退団し、今季は台湾でプレーしていた。

球団側は勤勉で周囲からも愛される人望の厚さを高く評価。同時に米国、台湾にも所属した国際経験に着目し、プエルトリコ出身のロマンに対して、出身地域の中南米系のスカウト職を打診するとみられる。球団関係者は「まだ決まっていない」と話すにとどめたが、今日18日に都内の球団事務所で、本人と細かい条件面などを話し合う予定だ。ロマンは退団が決まった際、「お世話になった球団。どんな形でも戻って来たい」と話しており、交渉はスムーズに進むとみられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
太るのも才能! 2016年のプロ野球には100キロ超が13名。日本人“体重”トップ5は誰だ!?
松坂激白「どうにかしなきゃ」プエルトリコで胸中
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加