新シリーズを加えゲーマー向けのラインナップを強化するASUSマザー

新シリーズを加えゲーマー向けのラインナップを強化するASUSマザー

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/04/17

インテルから第8世代Coreプロセッサー(Coffee Lake-S)の新モデルと新チップセットが発表された。これまでIntel Z370のみであったCoffee Lake-S対応チップセットH370、B360、H310が加わり、自作PCの構成の自由度が高まっている。この特集では、各マザーボードメーカーの独自機能と注目モデルを紹介していこう。

第2回はASUSを取り上げる。同社は、H370/B360/H310チップセット搭載モデルとして、3ブランド合計15製品を一挙に投入している。

No image

ASUSはH370/B360/H310チップセット搭載モデルとして、3ブランド合計15製品にのぼる新製品を一挙に投入した

ゲーミングの新ブランド「TUF GAMING」を新設

ASUSは、新たなブランドとして「TUF GAMING」を新設。長期耐久性をテーマにしたかつての「TUF」シリーズのDNAを引き継ぎつつ、エントリーゲーミングとして展開。価格を抑えつつ、長寿命、高効率(低発熱)の部品を採用した耐久性重視のシンプルな仕様を特徴とする。

RGB LED機能の「AURA」「AURA Sync」も控え目ながら搭載している。低価格で耐久性に優れる特徴は、リアルゲーマーからは歓迎されそうだ。

No image

各マザーボードシリーズの位置づけ。新設のTUF GAMINGはエントリーゲーマー向けとなる

No image

Intel 300シリーズチップセットマザーボードのシリーズ分類とネーミングルール

No image

TUF GAMINGシリーズは5製品を投入した

No image

TUF GAMINGシリーズでは、米軍調達基準(Military Standard)に適合する部品を採用する

No image

TUF GAMINGシリーズは全モデルでRGB LED機能「AURA」「AURA Sync」をサポート。オンボードLED、およびRGBヘッダに接続したLEDテープなどのカラーや発光パターンを制御できる

タイポグラフィが斬新! さらにクールになったROG SRIX

ゲーミングシリーズとしておなじみのROG STRIXも健在。一体型のリアパネルを採用するとともにボードのデザインをブラッシュアップしている。

ブラックベースのダークカラーに統一するとともに、基板やヒートシンクには同社が「サイバーテキストパターン」と呼ぶタイポグラフィ(文字をデザイン要素として用いること)を取り入れ、これまで以上にクールなビジュアルに仕上げている。

Intel 300シリーズからは、新たにメモリの信号品質を安定させる「OptiMem」技術を採用し、メモリの安定性、互換性を向上させている。また、高耐久のPCI Expressスロット(Safe Slot)やM.2ヒートシンクなど、先代では上位チップセット(Z270)搭載モデルのみに導入していた要素も積極的に取り入れるなど、内容がグレードアップしている。

No image

ROG STRIXシリーズのターゲットは、コアゲーマー、eスポーツゲーマー。デザインのアップデートともに、一体型リアパネルが導入された

No image

新世代H370とH270モデルとの比較。先代ではZ270チップセットモデルのみが搭載していたM.2ヒートシンクなども搭載している

PRIMEシリーズはシンプル回帰

スタンダードのPRIMEシリーズは、エントリーゲーマー向けのTUF GAMINGの新設にともない、スタンダードモデルとしての位置づけがより明確になっている。ゲーマーを意識したビジュアル要素や過剰な高耐久仕様は省かれ、実用向けのシンプルな仕様にフォーカスしている。

No image

PRIMEシリーズとしては、H370、B360、H310、それぞれ2製品ずつ6製品を投入した

No image

PRIMEシリーズを含め、Intel 300シリーズ前提に新たに「OptiMem」技術を導入。メモリ信号を安定させ、メモリの安定性、互換性、Performanceを向上させている

No image

PRIMEシリーズでは、PCI Express x16スロットを特別なフックを使って強力に固定する「SafeSlot Core」を採用する。重いVGAの搭載が想定されるゲーミングモデルの「SafeSlot」ほどではないが、耐久性にもしっかり配慮している

王道仕様を盛り込んだATXゲーミング ROG STRIX H370-F GAMING

ROG STRIX H370-F GAMINGは、コアゲーマー向けのROG STRIXシリーズに加わったH370チップセット搭載のATXモデル。今回ASUSから発表されたH370/B360/H310の中では最上位のモデルだ。

美しく文字を配置するタイポグラフィーを施したデザインを今回から基板に採用しており、これがインパクト抜群。ボード一体型のリアパネル、IOカバーのRGB LEDとも相性もよく、実に洗練されたビジュアルとなっている。

No image

ゲーミングマザーの王道的な仕様をH370マザーに落とし込んだ「ROG STRIX H370-F GAMING」。予想実売価格は1万6580円(税抜)となっている

PCI Express 3.0x16スロットが破損しにくい強化仕様(Safe Slot)となっているほか、ラインシールドやオーディオコンデンサーの実装で高音質化を図った独自のオーディオ機能「ROG Supreme FX」など、シリーズ独自の装備もひととおり備えている。

M.2ヒートシンク付きを含む2基のM.2ソケットに加えて、USB 3.1 Gen.2ポートはType-Cを含め3基装備するなど、最新世代らしい基本機能を備えている。VRMも9フェーズあり、ゲーミングマザーとしての基礎体力も十分だ。高負荷運用でも不安はない。

クールなビジュアルとRGB LED演出、高負荷運用にも耐える基本設計、高音質オーディオなど、ゲーミングマザーの王道的な仕様をH370チップセットのプラットフォームで再現している。定格派ゲーマーはもちろん、ビジュアルを重視するユーザーからも支持されそうだ。

No image

最大の特徴は新デザイン。サイバーテキストパターンをプリントした基板はインパクト抜群だ

No image

IOシールドを標準で実装ずみの一体型リアパネルも大きな特徴。見た目にも存在感があるが、PCケースへの組み込み作業が楽に行える実用的なメリットも大きい

No image

リアパネルのIOカバー部にRGB LEDを実装。乳白色パーツを透過してきれいに光る。RGBヘッダも装備しており、LEDテープなどの発光色/パターンを自在に制御できる

No image

M.2ソケットをデュアルで搭載。片方のソケットには効果的に放熱し、サーマルスロットリングを防ぐM.2ヒートシンクも装備している

先進機能をMini-ITXサイズに凝縮 ROG STRIX B360-I GAMING

ROG STRIXシリーズからはMini-ITXモデルも2製品登場している。B360チップセットを搭載した「ROG STRIX B360-I GAMING」は高コスパな最新小型マザーとして注目だ。

ビジュアル要素はATXモデルと共通で、サイバーテキストパターンをプリントしたブラック基板と一体型リアパネルの存在感は抜群。従来の同シリーズのMini-ITXモデル同様、RGB LEDをボードの右端裏に並べて実装しており、派手に発光させられる。

No image

洗練されたビジュアルと先進機能を備えたMini-ITXマザー「ROG STRIX B360-I GAMING」。予想実売価格は1万5800円(税抜)

機能面も特筆に値する。基板の表と裏、それぞれにM.2ソケットを搭載。どちらも高速なPCI Express 3.0x4に対応する。さらに、表側のソケットには、チップセット(PCH)のヒートシンクに重ねる形でM.2ヒートシンクを装備しており、発熱の高いM.2 SSDも効果的に放熱できる。

リアパネルにUSB 3.1 Gen.2(10Gbps)対応のType-Aポートを2基搭載。USB 3.0(5Gbps)ながらType-Cポートも備える。

通信機能には、インテル製の有線LANに加えて、最大1.73GbpsのIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0機能を標準で搭載している。これはH370/B360の新機能「Intel CNVi」を利用した無線LANのコンパニオンモジュール「Intel Wireless-AC 9560」による実装だ。

いちはやく最新チップセットの機能を取り入れることで、コンパクトなMini-ITXフォームファクターに先進機能を凝縮。クールなビジュアルにまとめている。H370/B360搭載のMini-ITXマザーとしては最有力候補の1つだろう。

No image

RGB LEDをボードの右端裏に並べて実装しており、派手に光らせることができる

No image

PCI Express 3.0x4に対応したM.2ソケットをデュアル搭載。表側のソケットにはM.2ヒートシンクも搭載している

No image

リアパネルには、Type-AとType-C両方のUSB 3.1ポートを装備。ディスプレー出力として、DisplayPort、HDMIを装備する。内蔵GPUの4K/60Hz出力(DisplayPortのみ)にも対応する

No image

H370/B360の新機能「Intel CNVi」に対応した無線LANのコンパニオンモジュール「Intel Wireless-AC 9560」を搭載。最大1.73GbpsのIEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0が利用できる

【関連サイト】

ASUS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】45世紀に行ったタイムトラベラー科学者が“自作タイムマシン”の実物初公開! 「20回以上成功、すべて真実だ」
iPhoneをバージョンアップさせる便利なアクセサリー12選
小さいのにトップスピードは時速32キロ! 電動スケボーのBoostedにMini登場
仮想通貨でお金の稼ぎ方、使い方が学べるスマートウォレット『Pigzbe』
世界最大の航空機Stratolaunch、今夏に初飛行へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加