「ディフェンダー」3年ぶり復活へ...まるで“チョロQ”なテスト車を目撃

「ディフェンダー」3年ぶり復活へ...まるで“チョロQ”なテスト車を目撃

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/12
No image

ランドローバー ディフェンダー 次期型テスト車 スクープ写真

もっと画像を見る
豪雪のフィンランドで、1台の怪しい『レンジローバー』を発見した。横から見るとホイールベースが極端に切り詰められ、その姿はまるでミニカーのように可愛いらしい。

カメラマンからのレポートによれば、このクルマは次期『ディフェンダー』の開発テスト車両だという。ディフェンダーは1948年に製造された、ランドローバーの基礎を作った本格オフローダーだ。そのボクシーなスタイルと、比類無きオフロード性能により世界中で愛され続けていたが、2016年1月生産終了となり、68年の歴史に幕を下ろした。

その後、新型開発の噂はあったが、実車は目撃されておらず確実な情報もないままだった。しかしついにレスポンスの兄弟サイト、Spyder7のカメラがそのプロトタイプ第一号を捉えた。

冒頭で記したように後部ドアが半分以上切られている。恐らく3ドアを5ドアに見せかけるカモフラージュだろう。1983年の「シリーズ3」に追加された3ドア『ディフェンダー 90』を彷彿させるボディだ。

次期型では、『ディスカバリー』にも採用されている軽量アルミニウムプラットフォームを採用し、ボクシーなボディスタイルを継承するが、フェイシアは丸みを帯びたデザインになるという噂がある。ボディタイプは3ドアと4ドアがラインアップされるという。

パワートレインは、「インジニウム」ガソリン&ディーゼルエンジンになると思われるが、PHEVやEVモデルも期待出来そうだ。さらにハードコアモデルとなる「SVR」バージョンも予想されている。

ワールドプレミアは、2018年後半に行われるランドローバー70周年記念式典となりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
出発2日前購入でも往復5万円以下! 香港航空で香港に行ってきた【搭乗レポート】
佐川急便、上場で億万長者ドライバー続出?
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
日本の起業家ランキング、次代を担う「ライジングスター」3社
政府が主導する、定額働かせ放題プラン「残業ゼロ法案」の危険性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加