統一ミドル級王者ゴロフキン、前日計量パスで防衛に“自信”

統一ミドル級王者ゴロフキン、前日計量パスで防衛に“自信”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

ボクシングの統一世界ミドル級タイトルマッチの前日計量が15日に米ラスベガスで行われ、WBAスーパー&WBC&IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、元WBC王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)はともにリミットの72・5キロでパスした。

No image

前日計量でにらみ合うゴロフキン(中央右)とアルバレス(中央左)(AP)

37戦全勝33KOのゴロフキンは「俺は明日も王者であり続ける」、2階級制覇のアルバレスは「真のメキシカンの戦いを見せてやる」とコメントした。今年最大のビッグマッチは17日午前10時からWOWOWプライムで生中継される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
スターダム 21歳トニー・ストームが5☆STAR GP最年少V
角田夏実が講道館杯を欠場「けがを完治させます」
サキ、初のUFCでKO勝利「私はまだまだ強い」
リナレス 2度目の防衛戦へ自信「準備は万全」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加