斎藤学「恩を仇で返してしまうことに...」 横浜Mから川崎に完全移籍

斎藤学「恩を仇で返してしまうことに...」 横浜Mから川崎に完全移籍

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

サッカー元日本代表MF斎藤学(27)が、横浜Mから昨年のJ1を初優勝した川崎に完全移籍することが12日、正式発表された。川崎市出身の斎藤は昨年9月23日の甲府戦で「右膝前十字靱帯損傷、全治8カ月」の大けがを負っていた。

斎藤は横浜Mの公式サイトで「8歳から育ててもらい、愛媛FCでの1年を除き18年間お世話になったF・マリノスを離れる決断をしました」とファンに報告。「9月の大怪我の際も、本当にたくさんの声、手紙、千羽鶴、ビックユニフォーム。本当に本当に勇気付けられ、辛いリハビリも日々続けてこれました。この移籍は、その恩を仇で返してしまうことになってしまいました」と複雑な心境を明かした。

2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会代表の斎藤は横浜Mの下部組織育ちで、中村俊輔(磐田)の後を継いで背番号10をつけ、主将も務めた。横浜Mからも契約延長の申し入れがあったが、同じ神奈川県に本拠を置くクラブへの移籍を決断した。

No image

斎藤学

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エイバル乾、2年の契約延長へ 連動性を評価と現地紙報道「重要視している優先事項」
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
マインツFW武藤嘉紀、嫌な流れ断ち切る2ゴール
ドイツ11年目、34歳の長谷部誠「これからも新しい発見を求めていきたい」
ダービー勃発?アーセナルがルーカスに興味...本人もプレミア移籍を示唆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加