南果歩「独占告白」苦悩の日々を初めて明かす

南果歩「独占告白」苦悩の日々を初めて明かす

  • 文春オンライン
  • 更新日:2017/10/11

女優の南果歩(53)が「週刊文春」の取材に対し、乳がん告知から始まった苦悩の日々について詳しく語った。

No image

南果歩

乳がんが見つかったのは昨年2月。初めて受けた人間ドックでのことだった。幸い、早期(ステージI)で、翌3月には手術も無事に済んだ。しかし、苦悩の日々はそこから始まったという。

「頭の中では『手術さえ終われば元に戻れる』ということだけを考えて過ごしていたと思います。でも、がんはそんなに甘くはありません」

手術の翌月から、ホルモン剤の投与、7月からは放射線治療、抗がん剤治療が続いた。南さんには2つの薬の副作用が強く出たようだ。

副作用に苦しむ中で、標準治療を続けるのではなく、体力の回復を最優先する道もあるのではないかと考え始める。そして1年ほど前から「代替療法」の道を選んだのだ。

告知から1年半あまり、胸に去来した思いのすべてを語ったロングインタビューは、「週刊文春」10月19日号に掲載されている。

(「週刊文春」編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
菅田将暉、役作りで「12kg増量」にネットでツッコミ多数
バカリズムが「クズだからテレビ出られてる」と斬り捨てたタレントとは?
元SMAPメンバー退所で、森且行が“民放テレビ解禁”か!? 『路線バスの旅』出演にネット騒然の理由
「超くっきーランド」人気爆発、3日間で1万人
テレビ関係者が「仕事したくない」と指名する、“勘違い主演女優”3人とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加