阪神ドラ1馬場がベール脱ぐ!17日シート打撃で“初実戦”

阪神ドラ1馬場がベール脱ぐ!17日シート打撃で“初実戦”

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/16

阪神のドラフト1位・馬場(仙台大)が、17日に初の“実戦マウンド”に臨むことが分かった。15日に今キャンプ2度目のフリー打撃に登板して調整後、17日のシート打撃に向かう。

No image

才木、馬場、小野の3人は宿舎近辺を散歩する

10日に初めてフリー打撃に登板しプロの打者と対戦。俊介、糸原に対し計41球を投げ安打性の打球は7本だった。スローペース調整のため、まだ試運転段階だったが、見守った金本監督に「スライダーがいいね。縦の方がいい」と言わしめた。春季キャンプも後半戦に突入。即戦力右腕は着実に段階を踏みながら、ベールを脱ぐ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNAドラ8・楠本“プロ1号”は人生初劇弾「たまたま芯に当たった」
青木点火打!山田で同点!バレは連発! 燕再建へヤク者そろい踏み
日本ハムD1・清宮、豪快空振り三振デビュー!「自分のスイングをしたかった」
阪神・中谷、課題克服直球撃ち!センター危機の中...金本監督「収穫」
清宮、三振デビュー 急性胃腸炎“問題なし”9回代打で初打席
  • このエントリーをはてなブックマークに追加