森の中で16年間野ざらしだった油圧ショベルを、ちゃんと動くかどうか修理してみた

森の中で16年間野ざらしだった油圧ショベルを、ちゃんと動くかどうか修理してみた

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2019/08/21
No image

隣人が所有する森の中に、故障したため16年前に放棄したという日立建機の油圧ショベル、UH043。

森の小道を使用したいため、邪魔な油圧ショベルを撤去したいということで、修理すれば動くのかどうかを確認しに向かった撮影者。

映像内の1:02に油圧ショベル発見。3:32から修理開始で、9:01にひとまずエンジン始動。

まだまだ整備すべき部分は多そうだけど、16年間も野ざらし雨ざらしだったのに、1日2日の修理でひとまず動いてしまうのが凄い。

【オススメ記事】南極に開けた深さ650メートルの深い穴に入っていく映像

Abandoned Excavator left in woods for 16 years- Will it start

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
進まぬ復旧。停電被害に苦しむ千葉に大混乱を招いた政治家の実名
3歳で体重30キロ 我が子を肥満で死なせた鬼母の驚くような「手みやげ」
佳子さま、大統領を表敬訪問
《ストライキはどうなった》佐野SA”解雇部長“が悲壮告白「知らない人たちが働いている」騒動から1カ月
あおり運転エアガン事件、逮捕の男 数々の隠蔽工作

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加