ARを使った新しい語学学習の形。英国企業が開発したポストイット「Flashsticks」

ARを使った新しい語学学習の形。英国企業が開発したポストイット「Flashsticks」

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/12/05

ポストイットといえば、仕事で使うのが一般的。好きな場所に貼ったり、剥がしたりできるので、重宝している人も多いでしょう。しかし、仕事だけではなく、語学にも使えることをご存じでしたか?

英国の企業が開発した「Flashsticks(フラッシュスティックス)」は、語学学習に特化したポストイット。ポストイットに単語が印刷されているので、机、ノートや机に貼って勉強できます。ただ、Flashsticksが普通のポストイットではないところは、アプリと連携させることができるというところ。

ポストイットをスキャン

No image

Image:Amazon

専用アプリをダウンロードして、カメラを起動。ポストイットをスキャンすると、その単語の発音を教えてくれます。気になったときにいつでも発音をチェックできる優れものです。

カメラで翻訳

No image

Image:Amazon

また、ものをスキャンすることで、40カ国の言語に翻訳してくれる機能も搭載。勉強中、「これ、なんて言うんだっけ?」と思ったら、カメラを向けてみましょう。翻訳して答えを教えてくれるはずです。

アプリはiOSとAndroid向けに無料で配付中。現在、スペイン語、ドイツ語、フランス語のポストイットがAmazon Launchpadにて販売されていますよ。

ARを使った新しい学び方を体験してみてはいかがでしょうか?

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページでそれぞれご確認ください。

スペイン語

Push

No image

Flashsticks Spanish Beginner Starter Pack

661円

ドイツ語

Push

No image

Flashsticks German Beginner Starter Pack

500円

フランス語

Push

No image

Flashsticks French Beginner Starter Pack

664円

Image:Amazon

Source:Amazon

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【激怒】LINEの「誤送信取り消し機能」が全く使えないと判明! それじゃ意味ねえだろうがよォォオオオ!!
ネットの流行を簡単にチェックできる「Googleトレンド」活用術
LINEに「送信取消」が追加 「まさかの悪巧み」をする人が続出
愛知県警がリリースした謎の「ぼったくり防止アプリ」に隠れ機能!?
Suicaアプリ、12月18日早朝にアップデート!新幹線利用者は「受取り」を忘れずに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加