『龍角散』セクハラ訴訟、“独裁者社長” のいやらしい夜

『龍角散』セクハラ訴訟、“独裁者社長” のいやらしい夜

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2019/06/11
No image

6日に厚労省で行われた提訴会見の様子。写真右から徳住堅治弁護士、伊藤安奈弁護士、福田さん

「セクハラなんてなかったのに、捏造してけしからん! 相田幸子さん(仮名・40代)はセクハラなんかなかったと言ってるじゃないか!」

【写真】セクハラを告発された龍角散の藤井隆太社長はコチラ

昨年12月17日、社長室に呼び出された福田由紀さん(仮名・50)は、龍角散の藤井隆太社長(60)にパソコン、携帯電話、社員証を取り上げられたうえに、自宅待機を命じられ、今年3月28日、解雇を告げられた。福田さんは社長によるセクハラ行為の情報を受け、社内に相談窓口を設けようとしていた矢先のことだったという。

6日、福田さんは解雇は不当で無効だとして地位の確認や賃金の支払いなどを求めて東京地裁に提訴した。

「勇気を出さなければ第2、第3の被害者が出ると思い提訴に踏み切りました」

福田さんが龍角散に入社したのは2012年。IT企業の法務担当だった経験などを評価され管理職として採用された。入社早々、高い評価を受けた福田さんは翌年には法務担当部長に昇格。

その後も社内の横領事件を見つけて告訴するなど会社の問題解決を図ってきたという。ところが、藤井社長によるセクハラを問題視し社内に第三者相談窓口の設置を検討しようとしたところ、解雇を通知されたのだ。

堂々と触り続けた社長

そのセクハラは昨年12月6日の開発部の忘年会で起きた。訴状や福田さんの話からその様子を再現する。

藤井社長は締めの挨拶を行っていたが、途中から脱線。派遣社員から業務委託社員へ昇格したばかりの相田幸子さんに「君を社員にしたのは私だ」と述べ、続けて「君が大好きなんだよ」と言って相田さんの手や背中をさすったり、身体に手をまわし一方的に抱きつき始めた。

相田さんは「社長、私、高いんですよ。お触り50円、抱きつき200円です」と諫めようとするも社長は意に介さず触り続け、「社長もう900円になりました」と相田さん。抱きつき1回200円だと4回、お触り1回50円だと18回も触ったことになる。

最終的に相田さんは「明日、人事課長に950円もらいますから」と述べていることから相当数セクハラされたと考えられる。それでも藤井社長は、「この首筋がゾクゾクする」「本当に色っぽい」などと続け、ほかの参加者にとっても目に余る事態だったという。

翌日セクハラの一部始終を聞いた福田さんは相談窓口を作らなければいけないと思ったという。その考えに至ったのは自分も藤井社長からセクハラを受けたことがあったから。

「昨年の1月5日の夕方に社長室に呼び出され突然、抱きつかれました。社長はそのときお酒が入っていました。ほかにも仕事で関係のある新聞社の女性営業社員や、藤井社長が講演に行った大学の女子学生にもセクハラ発言を行ったことを見聞きしていたので、忘年会の一件だけではなく相談窓口が必要だと考えました」(福田さん)

相田さんは、「うまくかわすことができるから大丈夫です」と話したというが、

「立場の弱い女性に対して卑劣な行い。受けた本人がセクハラと認識していなくても周囲が不快に思うことでセクハラは成立します」(伊藤安奈弁護士)

社長は過去、一部のインタビューに「独裁者で何が悪い」と開き直るなど強気な性格。

パワハラも含んだこの問題、のど飴のようにスッキリとは解決しなそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ドラクエやめたら心臓から声が聞こえる」と警察に相談 飯森容疑者5年前
車と衝突・・・小田急線が脱線、神奈川・厚木市
元五輪体操・岡崎聡子被告 薬物事件で14回目の逮捕
【速報】神奈川で受刑予定者の男が刃物を持って逃走!現在までに分かっている犯人の特徴などまとめ
《札幌2歳児衰弱死》容疑者の友人が「やったのは絶対にオンナ」と熱弁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加