幼いころの夢...デ・ブルイネが入団を望んでいたクラブとは

幼いころの夢...デ・ブルイネが入団を望んでいたクラブとは

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/11
No image

今季大きな飛躍を遂げた選手として挙げられるマンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブルイネ。指揮官ジョゼップ・グアルディオラもシティが16連勝を達成した段階で、「全選手にありがとうと言いたいが、特にケビンに言いたい」と言及しており、その活躍への賞賛はクラブ内外から枚挙にいとまがない。そんな26歳のMFだが、若き日のインタビューで好きなクラブについて語っている。10日、英『ミラー』が伝えている。

まだ地元ヘントに所属していた頃、デ・ブルイネはシティでもチェルシーでもなく、別のクラブでのプレーを希望していた。若きベルギーの青年は「僕の好きなチームはリバプールだよ」と答えている。

その理由のひとつとして挙げたのが好きな選手だ。「好きな選手はマイケル・オーウェンなんだ。いつかリバプールでプレーしてみたい」と憧れの選手のクラブでのプレーを夢見ていた。若い頃の夢をいまだに抱いているかは定かではない。しかし、リバプールのユニフォームを纏う日はいずれ訪れるかもしれない。

●プレミアリーグ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ジョーの名古屋移籍の真実」。移籍金は当初報じられた15億円ではなく...
酒井宏が3戦連続で左SBフル出場、マルセイユは公式戦4戦連続完封&5連勝
ヘディング弾の香川真司を現地メディアは高めの評価。「効果的ではなかったが...」
在籍年数が12年を超えるのは欧州5大リーグで19人だけ。同一クラブで最も長くプレーしている現役選手は...
最も影響力のあるランジェリーモデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加