「ラブライブ!」偽物グッズを景品に ゲームセンターが著作権法違反で摘発

  • ITmedia
  • 更新日:2016/11/29

アニメ「ラブライブ!」の偽物グッズをクレーンゲームの景品に使ったとして、警視庁四谷警察署は11月29日、ゲームセンター「秋葉原クレーン研究所」(東京都千代田区)を経営する男(68)ら3人を、著作権法違反(頒布目的所持)の疑いで書類送検した。ゲームセンターを著作権法違反容疑で摘発するのは警視庁では初という。

5月16日と10月28日にそれぞれ、「ラブライブ!」著作権者の許可を得ていない偽物グッズ約140点をクレーンゲームの景品として使った疑い。経営者の男は容疑を認めているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
札幌 29年ぶり大雪、積雪65センチ
ソロモン諸島でM8.0の地震
ウェザーニュース
台湾初の「慰安婦記念館」 台北市にオープン
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
大雪で北海道の交通混乱、モー娘。’16も到着できず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加