22時間バッテリーで約6万円台のWindows 10 PC「ASUS NovaGo」、1Gbps LTEにも対応

22時間バッテリーで約6万円台のWindows 10 PC「ASUS NovaGo」、1Gbps LTEにも対応

  • Engadget
  • 更新日:2017/12/06
No image

ハワイで開催中のQualcomm Snapdragon Tech Summitより。スマホ向けSoC「Snapdragon 835」を搭載するASUS製Windows 10ノートPC「NovaGo」の実機インプレをお届けします。

No image

●eSIMで1Gbps LTE対応、驚異的なバッテリー駆動時間

NovaGoの主な仕様は、13.3インチ フルHD解像度のタッチ液晶ディスプレイ、4GBまたは8GBのRAM容量、64GBまたは128GBのストレージなど。一見すると普通のノートPCですが、360°回転するヒンジを備えており、スタンド形態やタブレットとしても使える2 in 1でもあります。

その他、2つのUSB 3.1 Type-Aポートを2つ搭載。Snapdragon x16モデムとeSIM / nanoSIMスロットを備え、最大1Gbpsまでの高速データ通信に対応します。タッチパッドは指紋センサーを内蔵し、ロックの解除などにも利用可能。1024段階の感圧に対応するASUS Penも利用できます。OSはWindows 10 Sですが、Windows 10 Proにアップグレードが可能です。

No image

最大の特徴は、22時間(連続動画再生時間)という驚異的なバッテリーの持ち。これは、スマートフォン向けSoCの「Snapdragon 835」を搭載することで実現しています。つまり、省電力性に優れるスマートフォン向けのSoCをPCに転用することで、駆動時間の延長を実現したというわけです。

なおSnapdragon 835はARMアーキテクチャですが、x86エミュレーションで通常のWindowsアプリも動きます。つまり、フルWindows 10を利用できます。

No image

実際に操作してみると、アプリはx86エミュレーションとはいえ非常にサクサク動きます。スマホ用SoCのSnapdragon 835上で動作しているとはにわかには信じられないほど機敏です。

また魅力的なのがその価格。4GB RAM/ 64GBストレージモデルは約599ドル(約6.6万円)、8GB RAM / 256GBストレージモデルは約799ドル(約8万6000円)と安価です。

No image

残念ながら現時点で国内発売は未定。とはいえ、価格の安さ、驚異的なバッテリーの持ち、そしてeSIM対応の便利さもあり、「ぜひ日本で発売して欲しい」と思えるPCでした。

関連:
サクサク感は? Windows 10なのにスマホCPUで「常識外れの電池持ち」HP ENVY x2インプレ
「フルで2日使える」Windows 10 PC、HP・ASUSが発表。圧倒的バッテリー寿命をSnapdragon 835で実現

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「少年ジャンプ」好きなページをTシャツに―集英社など新サービス
大人気で即完売した携帯電話型変形玩具『INFOBAR OPTIMUS PRIME (NISHIKIGOI)』が仕様変更版で再登場
LINE、YouTube、インスタは動いたけど...「ひと昔前の中古スマホ」で2018年を乗り切れるか?
HomePodの発売が来年に持ち越される中、Google Home Maxが販売開始
一部のHPラップトップにキイロガー(ただしデフォルトでは動作していない)が潜んでいることが発覚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加