(中国)上海総合指数は0.19%安でスタート、海外マネーの流入縮小が足かせ

(中国)上海総合指数は0.19%安でスタート、海外マネーの流入縮小が足かせ

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15
No image

株式会社フィスコ

15日の上海総合指数は売り先行。前日比0.19%安の3365.15ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.41%安の3357.77ptで推移している。海外マネーの流入縮小などが懸念されている。中国本土・香港間の株式相互取引制度を通じた取引では、本土株の売り越しが続いている。また、北朝鮮情勢を見極めたいとのムードも強い。

<AN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
有利子負債15兆円 ソフトバンクの行く末
ホリエモン スナックのすごさを語る
これ、絶対楽しい!-スズキがコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」を東京モーターショーに参考出品
化粧品から自動車まで...「粉体処理技術」世界トップ!ある中小企業のスゴい内側
電力小売り自由化、一瞬でブーム終了か...破綻・撤退相次ぐ、「結局は東電」の様相
  • このエントリーをはてなブックマークに追加