最新ランキングをチェックしよう
不倫の現場から生まれた江戸の流行語

不倫の現場から生まれた江戸の流行語

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/11/13

イラスト/フォトライブラリー

『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 寛政のころ、頭のめぐりの悪い、あるいは話の通じない男を「権七」といった。
『梅翁随筆』に拠ると、この「権七」という流行語には、つぎのような由来があった。
 深川八幡町に、権七という魚の行商人が住んでいた。
 かねてより権七の女房は仕立屋の男と密通していたが、ちょうど男を引き込んでいるところに、権

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ディズニー店頭のぬいぐるみにキスやハグ、購入せずSNS投稿で非難殺到 オリエンタルランド「迷惑となる行為は控えて」
「義母と娘のブルース」最終回の結末は?亜希子(綾瀬はるか)、みゆき(上白石萌歌)を育てた理由告白で「号泣」の声殺到
加藤茶が緊急入院のウラで妻、大ハシャギ
東芝、「ドル箱」メモリ事業売却→巨額売却益をすべてハゲタカファンドにむしり取られる
ニンゲン!早く窓開けろ!! フクロウにロックオンされた猫のこっち見るな感がすごい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加