最新ランキングをチェックしよう
不倫の現場から生まれた江戸の流行語

不倫の現場から生まれた江戸の流行語

  • BEST T!MES
  • 更新日:2017/11/13

イラスト/フォトライブラリー

『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 寛政のころ、頭のめぐりの悪い、あるいは話の通じない男を「権七」といった。
『梅翁随筆』に拠ると、この「権七」という流行語には、つぎのような由来があった。
 深川八幡町に、権七という魚の行商人が住んでいた。
 かねてより権七の女房は仕立屋の男と密通していたが、ちょうど男を引き込んでいるところに、権

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【緊急】東京・足立区 つくばエクスプレス駅構内に刃物男 逃走中!
ソウルに漂う悪臭、その原因に韓国ネット「良心の問題」「日本との違いは...」
【衝撃事件の核心】元検察官が同僚宅に21回侵入...裁判官もあきれ果てた動機
20代女子がデートで行きたくないチェーン店10。牛丼よりドン引きする1位は...
ディズニーキャラたちを「リアルな人間」として描いた肖像画が素晴らしい! 息づかいすら感じられそうな迫力が人気を集める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加