凸版印刷の技術による1万通りのデザインの「ボイスケアのど飴」が第九の合唱イベントの差し入れに登場

凸版印刷の技術による1万通りのデザインの「ボイスケアのど飴」が第九の合唱イベントの差し入れに登場

  • MdN
  • 更新日:2017/12/05
No image

「1万通りの限定デザイン ボイスケアのど飴(非売品)」

カンロ株式会社は、2017年12月3日(日)に大阪城ホールで開催された「サントリー1万人の第九」(主催:MBS)を応援する取り組みとして、本番会場に「1万通りの限定デザイン ボイスケアのど飴(非売品)」を差し入れした。その1万通りのデザインパターンの展開に、凸版印刷株式会社が提供する「トッパンFP(Flexible Packaging)デジタルソリューション」の技術が活用されている。同技術では、1枚のデザインから異なる複数のデザインのバリエーションの生成が可能。世界で1つずつだけの膨大な数の限定パッケージが生み出されている。

「サントリー1万人の第九」は、今年で35周年を迎えた歴史ある大規模なクラシックコンサートだ。一般から募集した1万人の合唱団が、約3カ月の練習を経てベートーヴェンの交響曲第9番を歌い上げた。当日の会場の様子を収めた映像は、12月23日(土・祝)まで特設サイトで「サントリー1万人の第九・第4楽章」として限定公開されている(http://www.mbs.jp/daiku/)。

「1万通りの限定デザイン ボイスケアのど飴(非売品)」の限定パッケージの元となる“シードデザイン”には、交響曲第9番合唱の歌詞が1曲分あしらわれた。描かれた歌詞は4色に分かれており、ソプラノ / アルト / テノール / バスの4つのパートをイメージ。その“シードデザイン”から、1万通りのデザインのバリエーションが生成されている。

No image

バリエーションの元になった“シードデザイン”

カンロ株式会社
問い合わせ:0120-88-0422
URL:https://www.kanro.co.jp/
2017/12/05

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
職人技と機械式腕時計の精緻な世界が高い次元で融合したセイコー『プレザージュ 青琺瑯モデル』
人間よりネコにぜいたくを?高級化する日本のキャットフード市場―中国メディア
正社員と非正規社員、給料逆転の可能性も
【アクアライン20年の足跡】(下)「なんとしても通行料800円継続」森田健作知事が表明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加