【聖林裏表】ガガが代理人と婚約で考える...そもそもエージェントとマネジャーの違いって?

【聖林裏表】ガガが代理人と婚約で考える...そもそもエージェントとマネジャーの違いって?

  • ZAKZAK
  • 更新日:2017/12/05

9月に線維筋痛症を患い、12月中旬から無期限で音楽活動を休止すると発表した米人気歌手、レディー・ガガ(31)が、自身のエージェントであるクリスチャン・カリーノ(48)と婚約したことが報じられた。

米誌「Usウイークリー」(電子版)によると、カリーノがガガの父親に許しを得て今夏に婚約したといい、米芸能ニュース番組「E!ニュース」(電子版)は「ガガがラブゲームに戻ってきた」と報じ、さまざまな場所で2人でいるところを確認したとしている。

注目を集めたのがカリーノの人物像だ。ロサンゼルスに本部を置く大手代理人事務所「CAA(クリエーティブ・アーティスト・エージェンシー)」に所属する敏腕エージェント(代理人)で、ジャスティン・ビーバー(23)やジェニファー・ロペス(48)もクライアントだ。

「E!ニュース」によると、テレビドラマ「ウォーキングデッド」に出演した女優、ローレン・コーハン(35)とかつてイイ関係だったといい、セレブとの交際は手慣れたもののようだ。

エージェントといえば、米映画「ザ・エージェント」(1996年)でトム・クルーズ(55)が演じたスポーツエージェントを思い浮かべる人もいるかもしれないが、いわゆるマネジャーとの違いは何なのか。

業界人向けの米雑誌「バックステージ」(電子版)によると、エージェントは通常、州などから認可を受けたエージェンシー(代理人事務所)に所属し、クライアントのために仕事を取ってくる。手数料は出来高制でクライアントが稼いだ10%が上限。契約は1年から1年半、平均的なエージェントで125〜150人を担当する。

一方のマネジャーは、事務所などに所属する必要がなく、独立で仕事し、手数料の規制もない。担当するのは数人。映画監督、プロデューサー、ディレクターなど関係者と関係を築いた上でクライアントのキャリアを長期的に面倒みる。

CAAをめぐっては、日本にも身近な話題がある。米大リーグ挑戦を表明した日本ハム投手、大谷翔平(23)が契約したエージェント、ネズ・バレロが所属するのはCAAのスポーツ部門。米経済誌フォーブスで「最も価値のあるスポーツエージェンシー」に選ばれており、今年稼いだ手数料が約2890万ドル(約32億円)というバレロはCAAのトップエージェントだ。

大谷にならい、ガガ様の恋と健康の「二刀流」がうまくいくのか、注目だ。(産経新聞ロサンゼルス支局長・住井亨介)

No image

ガガ様の動向は注目の的だ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヘンリー王子の結婚を認めたエリザベス女王、挙式欠席の可能性も?
A・ジョリー&ブラピ、年末ともに過ごし復縁努力か
テイラー・スウィフト 恋人ジョー・アルウィンとロンドンで熱烈キス
『最後のジェダイ』に出演したウィリアム王子&ヘンリー王子、プレミアに登場
元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントが以前所有していた1965年製アストンマーティン「DB5」が売り出し中!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加