「流行語大賞」に選ばれそうな言葉は? 予想1位は......

「流行語大賞」に選ばれそうな言葉は? 予想1位は......

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2016/11/30

2016年の「流行語大賞」に選ばれそうな言葉は?――カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の予想調査で1位になったのは、ピコ太郎さんの「I have a pen……」から始まるリズムネタ「PPAP」(28.0%)だった。

続いて、アメリカ大統領選挙を象徴する「トランプ現象」(9.6%)、社会現象となった大ヒットスマートフォンゲーム「ポケモンGO」(8.9%)。芸能で話題を呼んだ「ゲス不倫」(6.9%)や、広島東洋カープの緒方孝市監督が放った「神ってる」(6.7%)もトップ5に入った。

1984年に生まれた「ユーキャン新語・流行語大賞」は、1年間に生まれた新語・流行語や、その言葉に深く関わった人物・団体を表彰する賞。「現代用語の基礎知識」の読者アンケートを参考に、選考委員会によって年間トップテンと年間対象語が選ばれる。2016年は政治、社会、国際、芸能など、幅広いジャンルから30語がノミネートしている。

Tカードを利用している18〜69歳の男女1500人を対象に、11月16〜22日にインターネット上で調査を行った。

大賞は12月1日午後5時に発表される。ノミネートの30語は以下。

政治

「新しい判断」「都民ファースト」「盛り土」「レガシー」

国際

「EU離脱」「トランプ現象」「パナマ文書」

社会

「歩きスマホ」「AI」「くまモン頑張れ絵」「ジカ熱」「聖地巡礼」「保育園落ちた日本しね」「マイナス金利」「民泊」

スポーツ

「アスリートファースト」「神ってる」「タカマツペア」「(僕の)アモーレ」

ヒット作品

「おそ松さん」「君の名は。」「シン・ゴジラ」「ポケモンGO」

芸能

「ゲス不倫」「斎藤さんだぞ」「SMAP解散」「センテンススプリング」「びっくりぽん」「文春砲」「PPAP」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人
コカイン報道で引退の成宮寛貴が隠したかった”恋人の存在”
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
【大炎上】成宮寛貴さんの引退で『FRIDAY』のTwitterアカウントに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加