殺虫剤汚染の卵、デンマークで22トン ポーランドで4万個

殺虫剤汚染の卵、デンマークで22トン ポーランドで4万個

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/08/12
No image

ルーマニア・ガエシュティの養鶏場で撮影された卵(2017年8月11日撮影)。

【AFP=時事】殺虫剤に汚染された卵が欧州各国に流入している問題をめぐり、欧州委員会が特別会合の開催を要請する一方で、新たな汚染卵は毎日のように見つかっている。11日には、欧州連合に加盟する15か国の他、香港とスイスでも見つかり、デンマークでは殺虫成分のフィプロニルに汚染されたスクランブルエッグが2トン分発見され、汚染された卵の総重量は22トンになったことが明らかになった。

デンマークの汚染卵の主な輸入元はベルギーだった。ポーランドは、ドイツから輸入された汚染卵約4万個が発見されたことを明らかにした。

フランスのステファヌ・トラベール農業・食料相は、ベルギーとオランダから輸入されて国内で販売された汚染卵は4月以降、25万個近くに上るが、フランスの食習慣を考慮すれば、消費者のリスクは「非常に低い」と述べている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“青いわんこ”何頭も発見される
これ誰?ワシントン州アダムズ山で凍結された地球人らしからぬ巨人が発見される(アメリカ)
北朝鮮脅威にどう対処、日米2プラス2協議続く
スイスのリゾート地での「出来事」
50日間で地震1500回!イエローストーンは地盤が隆起している!米国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加