電波が届かない場所での通信を可能にする、スマホ用トランシーバー「PowerTalkie」

電波が届かない場所での通信を可能にする、スマホ用トランシーバー「PowerTalkie」

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/10/12
No image

広大な自然の最中をトレッキングする際、怖いのは携帯電話の電波が届かないことだ。オフライン環境下で別行動の仲間と連絡を取るとしたら、どのような方法が考えられるだろうか。

アンテナが1本でも立てばそれに越したことはないが、そうでなければ手の打ちようがない。クラウドファンディング「Indiegogo」に登場した「PowerTalkie」は、遭難を防ぐ最後の手段とも言えるBluetooth接続デバイスである。

・最大32kmの交信距離

No image

以下、アメリカの開発者がアメリカ国内での使用を想定した製品であるということを念頭に置いていただきたい。

PowerTalkieはBluetoothでスマホに接続し、それを持った者同士での通信を可能にする。この際、通信会社の電波が届かない状況でも構わない。つまりPowerTalkieは小型の無線機で、20マイル(約32km)以内の仲間と交信できるという製品だ。出力は2W。

リアルタイム通話、ボイスメッセージ、そしてチャット機能も用意されている。GPSも搭載されているから、互いの位置情報の共有もできる。いざという時はSOSシグナルを発信することも可能。

IP67防塵防水規格を有し、またPowerTalkie自体が6000mAh容量のモバイルバッテリーにもなる。既にAndroidとiOSのアプリが用意されているという。

・PowerTalkieと電波法

No image

PowerTalkieは現在、Indiegogoで2台セット149ドル(約1万6900円)からの出資枠を公開している。配送は来年1月からで、日本へも製品を送ることができるとのこと。

問題は、このPowerTalkieが無線機であるということだ。使用周波数は462MHzである。じつはこの周波数は、アメリカでは比較的ポピュラーだが日本では放送事業者以外には割り当てられていない。

つまり日本国内でPowerTalkieを使えば、電波法に接触してしまうということだ。オフライン下でスマホを使用できるようにするというのは注目すべき機能だが、無線機器の個人輸入に関しては常に神経を尖らせておくべきだろう。

Indiegogo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Core i9-9980XEはスゴイの?詳細スペックから検討する第9世代Coreと次期Core Xの価値
ドコモ、名刺サイズの「カードケータイ」発表
動画で振り返る、本日発表されたGoogle新製品まとめ。48秒でワクワクを味わう!
ドンキで発売開始した3980円のスマートウォッチ『アクティブギア ライフロガー』を買ってみた!
最近のものってこんなにすごいの? 有能すぎる「家計簿アプリ」3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加