最新ランキングをチェックしよう
“科学大国”日本が失速... その裏で“役立つ”研究の増加

“科学大国”日本が失速... その裏で“役立つ”研究の増加

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/10/13

ごとう・ひでき/1943年、松江市生まれ。神経生理学者、医学博士。現在サイエンスライター。『天才と異才の日本科学史』(ミネルヴァ書房)で2014年第62回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(写真:本人提供)

 今年もノーベル賞が発表され、その結果が注目されたが、一方で気になるのは日本の研究の今。「天才と異才の日本科学史」の著者であるサイエンスライターの後藤秀機氏に、ノーベル賞や研究を取り巻く日本の現

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される
エリート男にも解けない謎。結婚を前提にやり直そうとしている元カノに広がる、不穏な噂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加