ベストマッチョが好位から抜け出し快勝/ジャニュアリーS

ベストマッチョが好位から抜け出し快勝/ジャニュアリーS

  • netkeiba.com
  • 更新日:2018/01/14
No image

内田博幸騎手騎乗の2番人気ベストマッチョが快勝(撮影:下野雄規)

13日、中山競馬場で行われたジャニュアリーS(4歳上・OP・ダ1200m)は、好位でレースを進めた内田博幸騎手騎乗の2番人気ベストマッチョ(セ5、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し、外から追い上げてきた6番人気マッチレスヒーロー(牡7、美浦・金成貴史厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。

さらにクビ差の3着に9番人気ベック(牡7、栗東・牧浦充徳厩舎)が入った。なお、1番人気ドラゴンゲート(牡6、美浦・小西一男厩舎)は4着、3番人気メイソンジュニア(牡4、栗東・渡辺薫彦厩舎)は10着に終わった。

勝ったベストマッチョは、父Macho Uno、母Encore、その父Storm Catという血統。これで通算成績は12戦6勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ベストマッチョ(セ5)
騎手:内田博幸
厩舎:美浦・手塚貴久
父:Macho Uno
母:Encore
母父:Storm Cat
馬主:馬場幸夫
生産者:FrederickaV.Caldwell&MitchelSkolnick
通算成績:12戦6勝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元SPEED上原多香子“AVデビュ ー”の信憑性、オファーは5千万円以上!? 現在の様子「飲食店で堂々キス」
ももクロ有安杏果、ソロの夢も叶わず...引退声明の切なさ
木村拓哉『BG~身辺警護人~』スタッフが頭抱えた「身長差」
アダルト業界はクリ吸引グッズが花盛り。女性の潜在的欲求を引き出しまくり!
吉岡里帆、「彼女とデートなう。」写真の破壊力にファン大絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加