阪神 俊介が負傷交代、スイングしながら右肩付近に投球受ける

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/18
No image

延長10回、スイング時、手首付近にボールが当たる阪神・俊介=甲子園(撮影・北村雅宏)

「阪神-巨人」(14日、甲子園球場)

阪神・俊介が延長十回の第5打席で、投球を右肩付近に受けて負傷交代した。1死一塁の場面で打席に立った俊介は、カミネロの顔面付近にきた直球をよけながらスイングしにいった。

球は右肩付近を直撃した後、三塁方向へ転がったが空振りの判定。俊介はその場で倒れ込んだ。代打を送られベンチへ下がると、試合途中で球団広報に付き添われながらクラブハウスへ向かった。右肩にアイシングを施しながら、下を向き無言で報道陣の前を通り過ぎた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
19日のプロ志望届 侍U18で活躍の田浦ら12選手が公示 大学生は新たに5選手
和歌山箕島球友会が劇的V4!タイブレークで逆転サヨナラ
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
小笠原、雪辱の151球=プロ野球・中日
プロ野球史上初の快挙 楽天に助っ人「シーズン20発トリオ」誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加