ZenFone 4シリーズ国内発売! 広角&自撮りが特徴のデュアルカメラ搭載

ZenFone 4シリーズ国内発売! 広角&自撮りが特徴のデュアルカメラ搭載

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

ASUS JAPANは15日、デュアルカメラ搭載のスマートフォン「ZenFone 4」シリーズを国内発表した。2017年8月17日に台湾で発表された同社スマートフォンの最新モデルで、"We Love Photo"をコンセプトに、カメラ機能が大幅に強化されている。

台湾で発表された5製品のうち、国内発売するのは5.5型ディスプレイの「ZenFone 4」「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie Pro」の3製品。価格は「ZenFone 4」が税別56,800円、「ZenFone 4 Pro」が税別89,800円、「ZenFone 4 Selfie Pro」が税別42,800円。「ZenFone 4」および「ZenFone 4 Selfie Pro」は9月23日、「ZenFone 4 Pro」は10月下旬以降に発売する。

○ZenFone 4(ZE554KL)

背面に焦点距離の異なる2つのレンズを搭載した、デュアルカメラ仕様の5.5型スマートフォン。背面(アウト側)デュアルカメラのうち、メインのカメラセンサーは、有効画素数1,200万画素のソニー製IMX362センサーで、画角は82度、35mm判換算25mmのレンズ(F値1.8)となる。もう一方は、800万画素のセカンドメインカメラで、こちらは画角120度、同12mmの超広角レンズ。この2つを切り替えながら、モノや人、風景を適切に撮影できる。

前面(イン側)カメラは800万画素で、セルフィー時にも背景のボケが楽しめる「ポートレートモード」が追加された。

外観は両面が2.5D曲面ガラスで覆われ、背面には同心円デザインを採用。基本性能も前モデル「ZenFone 3」から向上しており、プロセッサにはQualcomm Snapdragon 660、メモリには6GB、OSにはAndroid 7.1.1を採用する。独自UI「ZenUI」はバージョン4.0となった。

5.5型ディスプレイの解像度は1,920×1,080ドットのフルHD。指紋認証センサーやUSB Type-Cポートも搭載する。

対応SIMはnanoSIM。SIMスロットを2つ備え(1つはmicroSDカードと排他)、DSDS(Dual SIM Dual Standby)をサポートする。2枚同時に挿した場合のLTE同時利用はできない。カラーはミッドナイトブラック、ムーンライトホワイトの2色。

主な仕様は下記の通り。

OS: Android 7.1.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 660(オクタコア、2.2GHz)

内蔵メモリ: 6GB

ストレージ: 64GB

外部ストレージ: microSDXC/microSDHC/microSD

サイズ: W75.2×D7.5×H155.4mm

重量: 約165g

ディスプレイ: 5.5インチIPS液晶ディスプレイ

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

アウトカメラ: 1,200万画素(メイン)/800万画素(サブ)

インカメラ: 800万画素

バッテリー容量: 3,300mAh

FDD-LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28

TD-LTE: B38/B39/B40/B41

W-CDMA: B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19

GSM / EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth: 5.0

インタフェース: USB Type-C×1

指紋認証センサー: 搭載

カラーバリエーション: ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト

○ZenFone 4 Pro(ZS551KL)

「ZenFone 4 Pro」もZenFone 4と同じく、背面(アウト側)に2つ、前面(イン側)に1つのカメラを備えた5.5インチスマートフォン。ZenFone 4の上位モデルとしてカメラ性能がより強化されており、画素数はアウト側メインが1,200万画素、アウト側サブが1,600万画素で、最大10倍ズームでの撮影も可能。高速AFが可能なレーザーオートフォーカスを備え、ソニー製IMX362センサーの採用で低照度環境でも明るい写真が撮影できるとする。

ディスプレイは、高輝度500ニットのAMOLEDディスプレイを採用。解像度はZenFone 4と同じ、1,920×1,080ドットのフルHDとなる。プロセッサはQualcomm Snapdragon 835で、メモリは大容量の6GBと、高い基本性能を持つ。音響面にも注力されており、ハイレゾ音源の再生や、米DTSが開発したバーチャルサラウンド技「DTS Headphone:X」などに対応。

主な仕様は下記の通り。

OS: Android 7.1.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 835(オクタコア、2.45GHz)

内蔵メモリ: 6GB

ストレージ: 128GB

外部ストレージ: microSDXC/microSDHC/microSD

サイズ: W75.6×D7.6×H156.9mm

重量: 約175g

ディスプレイ: 5.5インチAMOLEDディスプレイ

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

アウトカメラ: 1,200万画素(メイン)/16,00万画素(サブ)

インカメラ: 800万画素

バッテリー容量: 3,600mAh

FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28/B29/B30

TD-LTE: B38/B39/B40/B41

W-CDMA: B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19

GSM / EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth: 5.0

インタフェース: USB Type-C×1

指紋認証センサー: 搭載

カラーバリエーション: ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト

○ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)

「ZenFone 4 Selfie Pro」は、前面(イン側)にデュアルカメラを搭載した、自分撮り(セルフィー)に適したスマートフォン。イン側のメインカメラは1,200万画素の標準レンズ、サブカメラは500万画素の広角カメラ。メインカメラにはソニー製IMX362センサーを採用し、低照度環境でも明るい自分撮りが可能。背面には1,600万画素カメラを1つ搭載する。

ディスプレイは、ZenFone 4 Proと同じく高輝度500ニットのAMOLEDディスプレイで、解像度も同等の1,920×1,080ドット。プロセッサはQualcomm Snapdragon 625で、インタフェースはmicroUSBとなる。カラーはネイビーブラック、クラシックレッド、サンライトゴールドの3色。

主な仕様は下記の通り。

OS: Android 7.1.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 625(オクタコア、2.0GHz)

内蔵メモリ: 4GB

ストレージ: 64GB

外部ストレージ: microSDXC/microSDHC/microSD

サイズ: W74.8×D6.85×H154.0mm

重量: 約147g

ディスプレイ: 5.5インチAMOLEDディスプレイ

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

アウトカメラ: 1,600万画素

インカメラ: 1,200万画素(メイン)/500万画素(サブ)

バッテリー容量: 3,000mAh

FDD-LTE: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28

TD-LTE: B38/B41

W-CDMA: B1/B2/B5/B6/B8/B19

GSM / EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

Wi-Fi: IEEE802.11b/g/n

Bluetooth: 4.2

インタフェース: microUSB×1

指紋認証センサー: 搭載

カラーバリエーション: ネイビーブラック、クラシックレッド、サンライトゴールド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iFixitが「Galaxy Note8」を分解──バッテリーはやはり粘着剤固定
Galaxy Note 8 vs Note 7仕様比較。何が変わった?
Galaxy S8はユーザーからの満足度が非常に高い MMD研究所調べ
中国シャオミ初のAndroid One機『Mi A1』発表。約2万5000円でデュアルカメラにスナドラ625、RAM4GB
これは時代に囚われない良さか。「Xperia XZ1」実機ミニレビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加