綺城ひか理、城妃美伶の同期コンビで花組公演主演

綺城ひか理、城妃美伶の同期コンビで花組公演主演

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/29
No image

同期コンビで新人公演に主演した花組の綺城ひか理(右)と、ヒロインを務めた城妃美伶(撮影・村上久美子)

宝塚歌劇の花組公演「金色(こんじき)の砂漠」新人公演が29日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、2作連続新人主演の綺城(あやき)ひか理は、6年目同期の城妃美伶(しろき・みれい)を相手役ヒロインに迎え、同期コンビで主演した。

綺城、城妃はともに11年入団の97期生。宝塚音楽学校卒業時の文化祭で共演して以来のタッグとなった。単独では初主演となる綺城は「ヒロイン経験豊富な城妃に引っ張ってもらおうと思ったんですが、男役の私を立ててくれて。幼なじみの役柄なので、やはりそこは同期で、互いに通じるものがありました」。

綺城の笑顔に、新人ヒロインは4回目になる城妃も、ほほ笑みで返し「知らない間に(6年目で)上級生の男役になっていて、成長したなあと思いました」と言い、見つめ合った。

今作の本公演は、花組トップ明日海りおが主演するオリジナル作で、ヒロイン・花乃まりあの退団公演。古代世界の王国を舞台に、トップ娘役の花乃が王女、トップ明日海がその専属奴隷役を演じ、話題を呼んでいる。

綺城は本役の明日海から「(あて書きのため)先生がピンポイントで書いた役柄だけど、でも(役への)アプローチは、あかちゃん(綺城)なりにやったらいいよ」とアドバイスされたという。一方の城妃は、花乃から「今日死んでもいいと思うぐらい全力で、頑張りなさい」と励まされたと告白。主演男役より上位に立つ、娘役としては難役になる王女を気品高く演じきった。

東京宝塚劇場の新人公演は来年1月26日。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
「小学校に入学するときの自分と、高校を卒業するときの自分を並べてみた...」比較写真いろいろ
坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加