清水内定FW高橋擁する神村学園、2戦連続PK勝利で4年ぶり全国へ:鹿児島

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13

第96回全国高校サッカー選手権鹿児島県予選は12日、決勝を行い、3連覇中だった鹿児島城西高を下した神村学園高が4年ぶり5回目の全国大会出場を決めた。スコアレスで迎えたPK戦でサドンデスの末に6-5で競り勝った。

神村学園は清水エスパルス内定のFW高橋大悟、鹿児島城西は横浜F・マリノス内定のDF生駒仁と、互いにJクラブ内定者を擁するチーム同士の対戦。いずれも準決勝をPK戦で競り勝っていたが、またもPK戦で決着がつけられる形となった。

規定の100分間をスコアレスで迎えたPK戦は、1人目のキッカーがいずれも失敗する拮抗した立ち上がりとなった。5人目終了時は3-3で決着がつかず、サドンデスに突入すると、勝負を分けたのは8人目。先攻の神村学園が決めたのに対し、後攻の鹿児島城西がGKにストップされた。

決勝の結果は以下のとおり

[決勝](11月12日)
神村学園高0-0(PK6-5)鹿児島城西高
●【特設】高校選手権2017
★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「イカルディは来季レアルでプレーする」。元清水・マッサーロ氏が断言する理由は...?
中国のサッカー記者が日本人審判を絶賛!「われわれは感謝すべき」―中国メディア
エレーラ、批判を受けるモウリーニョを擁護「単なるレッテル貼りだ」
「日本の教育は世界一」...鹿島MFレアンドロ、母国メディアに残留希望を明かす
英国で生まれた“神トラップ弾”に世界が驚愕 「まるでベルカンプ」「不可能」「常識外」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加