クリス・セールが史上最速で2000奪三振 前回登板では7年連続200奪三振達成

クリス・セールが史上最速で2000奪三振 前回登板では7年連続200奪三振達成

  • ベースボールキング
  • 更新日:2019/08/14
No image

インディアンス戦に先発したレッドソックスのクリス・セール

● インディアンス 6 - 7 レッドソックス ○
<現地時間8月13日 プログレッシブ・フィールド>

レッドソックスのクリス・セール投手が13日(日本時間14日)、敵地でのインディアンス戦に先発登板。7回途中5失点(自責点3)で7勝目とはならなかったが、メジャー史上最速で通算2000奪三振に到達した。

今季ここまで6勝11敗、防御率4.41と苦しむ左腕。それでも前回8日(同9日)のエンゼルス戦では8回無失点、13奪三振の快投を披露し、史上5人目となる7シーズン連続200奪三振という快挙を達成していた。

この日も初回から3者連続三振の圧巻スタート。二死からピンチを招いた3回、2番・メルカドを空振り三振に仕留め、節目の2000奪三振に到達した。

通算1626イニングで2000奪三振到達は、これまでメジャー最速記録だったペドロ・マルティネス氏(元レッドソックスほか)の1711回1/3を大幅に更新。左腕は中盤以降に失点を重ね、7回途中5失点(自責点3)で白星を逃したが、この試合でも12三振を奪い通算2007奪三振とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】ダルビッシュ、配球論で“舌戦”の米記者を虜に?「ユウとの討論は楽しかった」
前田健太がヤンキース戦に代打で出場 打率.262も空振り三振、ド軍大敗
【MLB】WS3度制覇のサンドバル、今季絶望...9月上旬に右肘のトミージョン手術へ
見てみたい本塁打も打たれない“完璧”ダルビッシュ
野球が人々を結び付ける――「フィールド・オブ・ドリームス」の舞台で試合を行う意義
  • このエントリーをはてなブックマークに追加