最新ランキングをチェックしよう
「ソユーズ」ロケットの打ち上げ失敗から見える、ロシア宇宙開発の没落 第2回 フレガートが自身の姿勢を勘違い? 複雑かつ難解、しかし"あるある"な原因

「ソユーズ」ロケットの打ち上げ失敗から見える、ロシア宇宙開発の没落 第2回 フレガートが自身の姿勢を勘違い? 複雑かつ難解、しかし"あるある"な原因

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07

ロシアの国営宇宙企業ロスコスモスは2017年11月28日、極東のヴォストーチュヌィ宇宙基地から、「ソユーズ2.1b」ロケットを打ち上げた。ロケットにはロシアの気象衛星をはじめ、合計19機の衛星が搭載されていた。ロケットは順調に飛行したように見え、ロスコスモスなどは一度「打ち上げ成功」と発表した。ところが、その後一転、衛星を載せたままロケットが墜落し、打ち上げは失敗に終わっていたことが明らかになった

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
地球の細菌に勝てなかった『宇宙戦争』の火星人 医師の解釈は?
ミクロな視点で復興に貢献 - 福島原発由来のウラン酸化物を解析
「原子1個」を捉えた画像。英国の科学写真コンペ優秀賞も納得です。
月は人工の物体か?=科学者の推測
火星行きテスラ「ロードスター」の現在地がわかるウェブサイト開設。最接近は2020年10月7日。73年後には回収可能?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加