鳴門、つないで2戦連続10安打 塩唐松主将「鳴門らしい粘り、意地を見せられた」

鳴門、つないで2戦連続10安打 塩唐松主将「鳴門らしい粘り、意地を見せられた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/16

◇第101回全国高校野球選手権大会 第9日2回戦 鳴門5―8仙台育英(2019年8月14日 甲子園)

No image

<鳴門・仙台育英>4回、左前2点適時打を放った鳴門の2年生・納田(撮影・井垣 忠夫)

鳴門(徳島)は1回戦に続いて10安打を放った。0―6で迎えた4回は失策で走者が生きたのを足掛かりにバント安打や中軸の連打、下位打線の長打など一丸の攻めで5点を奪い、1点差まで詰め寄った。

左前適時打を放った2年生の納田は「ここぞでタイムリーを打てたのを自信につなげたい」。序盤から失点が重なったが、塩唐松(しおからまつ)主将は「1点ずつ返して、つなぐ気持ちがあってビッグイニングがつくれた。鳴門らしい粘り、意地を見せられた」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
奥川U18合流「会えてうれしかった」佐々木と再会
“ツヨカワ”剣士が高校日本一 幼なじみとアベックV
井上も頼りにする“日本一の1番”/ヒロド歩美
「セントラルドグマ」がハイスクールマンザイ初優勝 審査委員長・オール巨人も絶賛「100点に近い」
作新学院・石井主将 日本ハム内野手の兄追いかけて...大学でもさらにその先目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加