「私は闘い抜く!」かつてJリーグで活躍した元韓国代表レジェンドが自身のすい臓がんを告白

「私は闘い抜く!」かつてJリーグで活躍した元韓国代表レジェンドが自身のすい臓がんを告白

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/20
No image

J通算113試合出場のユ・サンチョル氏。日本のファンにもお馴染みのレジェンドだ(写真はクラブ公式サイトより)。

かねてから健康状態が心配されていた元韓国代表MFのユ・サンチョル(柳想鉄)氏が、自身の言葉で容体について説明した。

11月19日、氏が監督を務めるKリーグ・仁川ユナイテッドは公式ホームページ上に「ユ・サンチョル監督からファンへの手紙」を掲載。そのなかで、現在すい臓がんに侵され、治療中であることを明かしたのだ。

現役時代は横浜F・マリノス、柏レイソルでも大活躍。岡田武史政権下の横浜では2003、04年のJ1リーグ連覇に多大な貢献を果たした。韓国代表としても124キャップ(18得点)を記録し、ワールドカップには2度出場。日本代表の前にも幾度となく立ちはだかり、攻守に幅広く機能するオールラウンダーだった。

ユ・サンチョル氏が綴ったメッセージを要約してお伝えしよう。

「いつもチームと選手たちに熱い声援を送ってくださっている皆さんに、心から感謝いたします。今回このような形でメッセージを寄せることになったのは、私の健康状態についてさまざまな憶測が飛び交い、私自身の言葉でファンの皆さんに説明する必要があると考えたからです。

今年の10月半ばでした。身体に黄疸が出る異常な症状が出たため、私はすぐさま病院で精密検査を受けました。診断の結果は、すい臓がんのステージ4。受け入れがたい結果でした。

ただ、私は闘い抜くと決心しました。今後も並行して治療を続ける必要がありますが、チームの1部残留という目標を達成すべく、自分の任務を全うする覚悟です。そして選手やスタッフたちと一緒に過ごしながら、私自身もポジティブなパワーをもらいたいと思います。

ファンの皆さんとの(1部に残留するという)約束を守りたい。監督として最善を尽くし、最後まで諦めずに頑張ります。『やればできるんだ』というポジティブなパワーを携えて、病気に立ち向かい、打ち勝ちたいと思います。

ファンの皆さんの健康と幸福をお祈りします。本当にありがとうございます」

残留争いの渦中にある仁川ユナイテッドだが、今季Kリーグの残り2節を連勝すれば、自力での残留が確定する。ファンに向けて、決意のほどを熱く語ったユ・サンチョル監督。その執念が実るのか、注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM667]大阪体育大FW林大地(4年)_鳥栖内定FWが2得点、大学で培った「競り」の技
[MOM664]法政大MF紺野和也(4年)_足をつりながらも“違い”見せたFC東京内定MF
JFL史上初の女性監督!ミラと鈴鹿アンリミテッドが歩んだ「濃密な一年」
元日本代表MF松井、盟友・駒野ら豪華メンバーとの“フットサル集合ショット”に反響
新潟医療福祉大に8強の壁 ロスタイム痛恨の失点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加