「泣かされた」「いい意味で裏切られた」 先へ先へと急ぐ彼女を描いた漫画「せっかち」に感動の声

「泣かされた」「いい意味で裏切られた」 先へ先へと急ぐ彼女を描いた漫画「せっかち」に感動の声

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/08/15

付き合うより先に「結婚しよ」と提案し、さらには家が決まる前に「ソファ買っといたから」、子どもができる前に「オムツ用意できたで」と、先へ先へと急ぐ“せっかち”な彼女。そんな会話から2人はパートナーとなったのがわかりますが、それから年を経た現在の男性の目に映っているのは……?

せっかちな彼女との思い出を振り返る男性

――お墓でした。「彼女は本当に本当にせっかちだ」とその前に一人佇む、年を取った男性。どこか寂しそうにも見えた目は“彼女”を捉えていたからなのかどうか。

No image

まじか……

すると、ひょっこり隣に現れたのは「これでいつ死んでも安心やな!」と話す同じ年くらいの女性。入道雲を背景にクリスマスケーキをもぐもぐ食べるその“せっかちな彼女”に、男性は「お墓まで先に買わなくても……」と返すのでした。あれ、「本当にせっかち」ってそういうことかい……!

No image

そっちのせっかちだったか……!

投稿したのは、「ザ花とゆめ」(白泉社)で高校生日常漫画『うたかたダイアログ』を連載中の漫画家・稲井カオル(@Kaoru_Inai)さん。ラストのコマでは「そんで来世はどうする? 結婚する?」と聞くせっかちすぎる彼女に、男性が「するけど…」と答えるシーンが描かれ、ベストカップルとしか思えないやり取りに涙を拭きながらニヤニヤできる終わり方となっています。

画像提供:稲井カオル(@Kaoru_Inai)さん

(宮原れい)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北村弁護士の痴漢冤罪回避術が神解説「めちゃくちゃ画期的」「勉強になった!」
コードブルー、山Pの「結婚観セリフ」にツッコミ殺到!
SEXYモデル・誘拐事件に進展 疑惑の目が集まる<クロエ・アイリング>
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは
ピース綾部、報じられない深刻な現状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加