戸塚、救護用のそりで運ばれるアクシデント 2回目に着地で失敗/スノボ

戸塚、救護用のそりで運ばれるアクシデント 2回目に着地で失敗/スノボ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

平昌五輪第6日(14日、フェニックス・スノーパーク)スノーボード男子ハーフパイプで戸塚優斗(16)=ヨネックス=が2回目の最初のジャンプで着地に失敗。担架で運ばれるアクシデントに見舞われた。冒頭の技で「リップ」と呼ばれる壁の最も高い位置の角に着地、はじかれるようにパイプのボトム(底)に落ちた。起き上がったものの、ひとりでは立ち上がれず、医療スタッフが駆けつけ、救護用のそりで運ばれた。

戸塚は1回目、最後の6本目のエアで転倒。予選よりも難度を上げ、軸をずらして縦に2回転、横に3回転半する「ダブルコーク1260」に成功するなど、順調に演技を続けていたが、最後の横3回転でかかと側にバランスを崩して転倒。39・25点にとどまり、頭を抱えた。

No image

男子ハーフパイプ決勝2回目の演技で転倒し、担架に乗る戸塚優斗=フェニックス・スノーパーク(撮影・納冨康)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仏ペア、ホック外れるハプニングも2位でフリー進出/フィギュア
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
酷評された中居正広のフィギュアスケート中継レポート
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
5,72点内に4人の大混戦。宮原と坂本の逆転銅メダル獲得の可能性は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加