ヤクルト山田が先制適時打「打ったのはフォーク」

ヤクルト山田が先制適時打「打ったのはフォーク」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

中日対ヤクルト 1回表ヤクルト2死二塁、山田は先制の右適時二塁打を放つ(撮影・前岡正明)

<中日7-2ヤクルト>◇13日◇ナゴヤドーム

ヤクルト山田哲人内野手(25)が先制適時打を放った。

1回1死二塁から中日吉見の129キロ外角へのフォークを振りぬき、右翼方向へはじき返した。

中日の右翼藤井が飛びついて捕球を試みるもグラブからポロリと落ちて先制の適時二塁打となった。

「打ったのはフォーク。追い込まれていたのでコンパクトに行きました」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清水の美女チアリーダー『オレンジウェーブ』を一挙に紹介!
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
巨人・宇佐見、1号がサヨナラ本塁打!球団5人目の快挙「最高です!!」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加